あの人気かき氷店が今年は池尻大橋にオープン!インパクト大の美しいかき氷を提供する「氷ゆきとなつ」

3444
2018年に西荻窪で営業をしていた人気のかき氷店「氷ゆきとなつ」が、2019年5月3日から、池尻大橋のシャンパンバーで間借り営業を開始しました。「氷ゆきとなつ」は、くちどけの良いふわふわとした氷とエスプーマのハーモニーが楽しめるかき氷専門店。店主のメガネさんに、レストランシェアを利用して良かった点や、これからレストランシェアを利用したいと思っている人に向けたメッセージなどについてインタビューしました。

◆2018年、西荻窪のラーメンバー跡地に「氷ゆきとなつ」をオープン

「昨年は西荻窪で営業をされ、とても盛況だったそうですね。」

西荻窪では自店舗で営業しておりましたので、軒先レストランを利用して間借り営業をするのは今回の池尻大橋のお店が初めてです。西荻窪の店舗で営業したのはもともとの持ち主のオーナー様と知り合いだったからで、ラーメンバーのような、夜はお酒も楽しめるようなお店でした。 そのお店が閉店してしまったという話をオーナー様から聞き、「あのお店は今使っていないんですか?」と聞いてみたら、今は誰も使っていないとのことで。内装もすごくキレイなところなので、使わせていただくことになりました。看板もラーメン屋さんのまま(笑)。そのままだけれど、前のお店が完全に辞めてしまっているので、間借りというわけではなかったんですよね。夏に間に合わせるために早くオープンしたかったので、そのままラーメン店の看板でズルズルと続けていました。

「かき氷店を営業しようと思ったきっかけは何ですか?」

もともとかき氷が好きだったからです。それ以前は北海道にある有名な洋菓子店で働いていました。

「「氷ゆきとなつ」という店名の由来を教えてください。」

「ゆきとなつ」を漢字に直したら「雪」と「夏」になるじゃないですか。かき氷で夏にも雪を感じて欲しい、という気持ちで「氷ゆきとなつ」という店名を付けました。雪=かき氷という感じですね。 たまに「スタッフのお二人の名前から取って付けた店名ですか?」と聞かれますけど、違うんですよね。全然関係ないんです。そんなベタなことはしませんよ(笑)

◆望んでいたイメージぴったりの間借り先が見つかったことが今回のオープンのきっかけ

「今回、新たに池尻大橋で間借り営業をしようと思ったのは?」

きっかけは、今回間借りをしたお店の内装が自分たちの望んでいた雰囲気にぴったり合っていたことでした。店内の和風の雰囲気と、外に見える都会のコンクリートの感じとのギャップがすごく良かったんですよね。 落ち着いた雰囲気の中でかき氷を食べてもらいたいという気持ちがありましたので、このシャンパンバーの席と席の間のスペースが広くゆったりと落ち着いた空間に魅力を感じました。 月曜日の夜は間借りさせていただいているシャンパンバーがお休みなので夜にも営業をしていて、ムーディーな雰囲気の中でかき氷を楽しんでいただいています。

◆「エスプーマ」を使用しているのが特徴!フルーツや氷にもさまざまなこだわりが

「かき氷のメニューを作る際のこだわりなどはありますか?」

氷を商品によってフワフワにしたりジャリジャリにしたりすることですね。かき氷は成形しないお店もあるんですけど、成形するかしないかでスプーンの入り具合が全然違うんです。成形するかしないかは、商品によって変えています。 あとは、エスプーマを使っています。エスプーマは本当に画期的なものだと思いますし、もしエスプーマがなかったらかき氷屋さんはやっていなかったと思います。 エスプーマは、ガスと液体(食材)を混ぜこんでムース状にするものなんですけど、有名なところだとスターバックスで使われていますね。さっぱり系のメニューには使っていないのですが、もう一味欲しいなっていう時には使います。 ほかには、あまりフルーツの切り置きをしないようにしていて、注文を受けてから切って提供するようにしています。そのためにかき氷を提供するまでの時間が他店よりも長くかかってしまうのですが、これはこだわっている点ですね。 あと実は、かき氷にお茶とごぼうの漬物を付けて提供しているんです。甘いものとしょっぱいものを交互に食べるとおいしいんじゃないか?と思ったのがきっかけですね。いろいろと試してみた中でごぼうの漬物が一番おいしかったので、かき氷と一緒にごぼうの漬物を提供しています。

「SNSなどを拝見するとメニューがとても多彩なのですが、どのようにしてアイディアが思いつくのでしょうか?」

ご飯を食べている時なんかにもついメニューについて考えてしまうんですよ。でもそういう時には思いつかなくて、ふとしたときにアイディアが降りてくることが多いですね。一人でメニューを考えると偏ってしまうので、スタッフや誰かに相談して決めています。 この近くで働いているビジネスマンの方などにちょっと寄ってもらって気軽に食べてもらえるよう、シンプルでお手頃なメニューもあります。

「素材を選ぶ時のポイントなどはありますか?」

フルーツに関しては、旬のものを取り入れるようにしています。フルーツが無くなり次第終了のメニューなどもありますし、柑橘系のメニューは季節によってフルーツが変わっているんです。 氷に関しては氷屋さんがゆっくり固めて作る「純氷」を使っています。純氷は固めていく過程で不純物が抜けていくんですよ。それを、使う30分~1時間くらい前に冷凍庫から出して常温に置いて、常温で提供しています。冷凍庫から出してすぐの状態だと温度差がありますので、温度差を無くすために常温にして氷を温めるという感じですね。それによって食べても頭がキーンとしにくく、口の中ですぐ溶けるかき氷になるんです。

「客層はやはり女性の方が多いのでしょうか?」

そうですね、7割がた女性だと思います。でも中には男性一人で来てくれるお客様もいらっしゃって、すごく嬉しいです。ビシッとスーツを着た男性が一人で来てくれることなどもあるんですよ。

「かき氷好きの人を指す「ゴーラ―」という言葉があるようですが、最近かき氷好きの人が増えていると感じますか?」

それは感じますね。お一人で数杯食べてくださる方もいらっしゃいますし、ほかのかき氷店からはしごをしてくる方もいらっしゃいますので、こういったブームになっているのはすごく助かっています(笑)

「池尻大橋での間借り営業は夏限定ですか?」

まだ分かりませんが、今のところは通年の予定です。

「西荻窪と池尻大橋では場所の雰囲気が違うと思うのですが、そのあたりはどうですか?」

場所はそこまで重要視していません。池尻大橋は渋谷と三軒茶屋から近いですし、ある程度人がいてくれたら商売やっていけるかなと思うので、場所にまではこだわりはないですね。

◆間借りは少ない初期投資でスピーディー!事前の下見はしっかりと

「軒先レストランで間借りをしてよかった点は?」

軒先レストランは、インターネットを見ていて知りました。「こんないいサービスがあるんだ」と驚きましたね。 間借りの良い点は、やはり初期投資が抑えられる点です。すでに設備も揃っているのでスタートしやすいですし、早ければ1か月もかからず、2週間程度で飲食店を始められるのではないかと思います。 実はこちらの店舗を間借りする前、軒先レストランさんに出会う前に、個人的にある店舗に間借りの交渉をしたことがあるんです。でもその時はうまくいきませんでした。多分店舗を貸す側が引っ掛かるのは、「信用できる相手かどうか」だと思うんですよね。軒先レストランを通じての紹介なら信用してもらいやすいと思います。 通常は間借りしたいお店に自分で電話アポを取って、オーナーに直接お会いしてお互いの条件などを確認しなくてはならないので時間も労力もかかってしまうのですが、軒先レストランの場合には初めから条件も提示してあるので、時間も交渉の手間も少なくて済みました。

「間借りをして困ったことはありましたか?」

困ったことは今のところ何もないですね。最初に間借り先を探す段階で自分の条件に合ったところを探すようにすれば、困ったところは出てこないのではないかと思います。

「間借りとかき氷の相性は良いと思いますか?」

すごく良いのではないかと思います。かき氷は一般的には季節ものですから、夏だけ間借りで営業してもいいですし。かき氷に限らず季節もので飲食店をやろうと思っている方には間借り営業は相性が良いと思います。

「軒先レストランで間借りをしたいと考えている方に向けてアドバイスはありますか?」

間借り先を選ぶ時に、設備などに関して事前の下見をしっかりするということですね。自分はその点が一番大事なんじゃないかと思います。

「最後に、これから間借りをしたいと考えている方に向けてメッセージをお願いします。」

間借り営業で初めからお客様が入るかどうかは分からないですが、同時に色々な勉強になると思います。最初から多額の初期投資をしなくて良いのもメリットなので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
■店舗情報
店舗名: 氷ゆきとなつ
住所: 東京都目黒区大橋2丁目16-26 crimson one 5階
営業時間: 11:00~LO16:00   月曜のみ 11:00〜LO15:00 . 17:00〜21:30
※ 詳細はSNSなどでご確認ください
SNS:TwitterInstagramFacebook
■軒先レストラン
軒先レストランとは、飲食店の使われていない時間を間借りできるサービスです。
これから飲食店をはじめたい開業希望者が、既存の飲食店の空き時間を利用して開業できる間借りレストラン(シェアレストラン)サービス。
飲食店を貸出たい方も登録して貸出することもできます。
軒先レストラン公式HP:https://business.nokisaki.com/cp/restaurant
■最新の記事はこちら