話題の間借りカレー店「まっちゃんカレー」のシェアレストラン成功例

973

自分の飲食店を使っていない時間帯に誰かに有効に活用してもらいたい。どこかの飲食店を使っていない時間帯だけ間借りして飲食店を始めたい。このような考えを持った店主同士が店舗をシェアする「シェアレストラン」が、いまじわじわと浸透しつつあります。
こちらでは、シェアレストランのメリットや、シェアレストランの一つの例として、バーを間借りして営業を続ける人気カレー店「まっちゃんカレー」についてご紹介します。

メリット大!話題のシェアレストランとは?

通常、飲食店をオープンするためには、まず賃貸物件を借りるなどして店舗スペースを確保する必要があります。そして店舗の賃貸料金のほか、厨房などの工事にかかる費用、テーブルやカウンター、食器や備品などを準備する費用、保証料などを負担しなければならないため、開業時には多額の費用がかかることになります。
これまでなら、このような多額の初期投資をして飲食店を開業するのが当たり前でした。しかし最近では、他の飲食店などが店舗を使用していない時間帯だけ間借りして営業をする「シェアレストラン」で飲食店の開業を目指す人も増えてきています。

シェアレストランは、店舗を間借りしたい人、貸出したい人どちらにも大きなメリットがあります。借りたい人にとっては、店舗をシェアすることによって開業費用を抑えることができます。本来ならば1000万円前後の開業費用がかかることも珍しくありませんが、シェアレストランを利用すれば工事費などは負担しなくて済みますし、賃貸料金もシェアできて負担が少なくなります。テーブルやカウンターなどといった備品も準備する必要がないため、必要最低限の出費だけで飲食店をオープンすることが可能になるのです。
一方、店舗を貸出する側にも、自分の飲食店が使っていない時間帯の店舗を時間貸しすることによって賃貸料金を一部負担してもらうことができ、その結果賃貸料金の節約が可能になるというメリットがあります。

実店舗オープンの際には「居抜き店舗」を利用するのも手

シェアレストランで飲食店を始めたい方の中には、軌道に乗ってきたら実店舗のオープンを視野に入れている方も多いのではないでしょうか。
実店舗をオープンするにあたっては、店舗に利用する物件探しも大事になってきます。
あなたがもし実店舗をオープンするなら、以前飲食店が使っていて設備がある程度残っている物件(居抜き物件)と、建物の躯体のみの物件(スケルトン物件)のどちらを利用したいでしょうか。
一からキッチンや設備を作りたい、自分だけのこだわりを店舗に盛り込みたいという方は、スケルトン物件を選ぶでしょう。しかし、一から全て設備を作り、備品を用意するためには多額の開業費用と長い時間が必要となってしまいます。

そこで利用を検討したいのが飲食店の「居抜き店舗」です。
居抜き店舗とは、飲食店の厨房や設備などが残った物件のこと。前に使っていたオーナーが営業していた飲食店と同じようなジャンルの飲食店を始めたい場合、前のオーナーが残していった厨房や設備をそのまま利用することで、大幅に初期投資を抑えることができます。
どの程度の設備が残っているかは物件によって異なりますし、設備などは無料とは限らず、買い取りになる可能性もあります。それでも、一から準備を始めるのに比べると大幅なコストダウンが見込めますし、飲食店のオープン時期を早めることもできるでしょう。
また、居抜き店舗は退去するオーナー側にもメリットが。通常、退去時にはスケルトン状態に原状回復をしなければならないのが一般的ですが、居抜き店舗として設備をそのまま残すことによって原状回復の費用を抑えることができます。さらに、設備などを買い取ってもらうことができれば、その分収入を得られる可能性もあるのです。

一つのジャンルを確立した「間借りカレー」

シェアレストランで営業するケースが多いジャンルの飲食店の一つに「カレー店」が挙げられます。
シェアレストランで営業しているカレー店は「間借りカレー」「ヤドカリ(宿借り)カレー」などと呼ばれることもあり、その認知度は確実に高まってきています。間借りカレーは大阪から徐々に広がり、最近では東京などにも増えてきているカレー店の営業形態です。テレビなどでも特集が組まれることもあり、「間借りカレー」という一つのジャンルを確立したと言っても過言ではないでしょう。
シェアレストランで営業している間借りカレー店は今も増え続けており、シェアレストランをきっかけに実店舗を持つに至った例もあります。

間借りカレー店は営業時間が平日のみ、昼間のみ、決まった曜日のみであることが一般的で、タイミングが合わなければなかなか食べることができないレアな感じも人気の秘密の一つと言えるでしょう。なかには、開催場所や開催時間が定まらない神出鬼没な間借りカレー店もあります。

そして、間借りカレー店を営業している店主の中には、もともと料理とは全く関係のない職業だった方も多くいらっしゃいます。普通のサラリーマンだった方が、カレー好きが高じてシェアレストランでカレー店をオープンしたというケースや、副業として間借りでカレー店をやっているケースもあります。
脱サラをして飲食店を持つのが夢だったという方も、シェアレストランを利用することでその夢に近づくことができるかもしれません。

こだわりのキーマカレーを提供する「まっちゃんカレー」

東京メトロ副都心線・西早稲田駅から徒歩5分ほどの「馬場口」交差点にある、アメリカンでワイルドな雰囲気のバー「the Harley」。そのバーの店舗を月曜日から土曜日の11時30分~15時の間だけ間借りして営業しているのが、こだわりのキーマカレーを提供する「まっちゃんカレー」です。
まっちゃんカレーは、数ある間借りカレー店の中でも人気のお店。店主はもともと「the Harley」の常連客でしたが、カレー店をやってみたいという夢をマスターに話したことがきっかけで使っていない時間帯の店舗を借りられることになり、間借りカレー店をオープンするに至ったそうです。

まっちゃんカレーが提供するのは、無水調理で作るこだわりのキーマカレー。牛肉、鶏肉、豚肉が使用され、軟骨のコリコリした食感がアクセントになっています。にんにくは不使用なので、女性の方も安心して食べられるでしょう。ライスはドーナツ状に盛り付けられ、たっぷり盛られたキーマカレーが食欲をそそります。
そしてユニークなのが、ライスか季節の温野菜のどちらかを選べる点。季節の温野菜を選択すれば、糖質の過剰摂取が気になる方やダイエット中の方も気軽にカレーを楽しめます。どちらを選択しても、お値段は600円とリーズナブルです。
トッピングは卵黄、チーズがあり、大盛りや野菜にちょいライスなどというチョイスも可能。いずれも各100円で追加することができます。

カレーの辛さはやさしさ4からやさしさ0まで選択が可能。通常は数字が大きいほど辛くなるお店が多い中、まっちゃんカレーでは数字が大きいほどやさしい、つまり、数字が大きいほど辛さがマイルドだというユニークな設定になっています。
ほかにもセットドリンク100円(単品500円)、アルコールはビール、ワインが各500円で楽しむことができます。
また、最近ではランチタイムに禁煙の飲食店が多い中、まっちゃんカレーでは喫煙が可能となっています。喫煙をされる方には嬉しい配慮ではないでしょうか。

店舗情報

  • 店舗名:まっちゃんカレー
  • 住所:東京都新宿区高田馬場2-1-1 BAR「the Harley」
  • アクセス:西早稲田駅から徒歩5分。明治通り、早稲田通り交差点「馬場口」
  • 営業時間:11時30分~15時
  • 定休日:日曜日
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • 食べログ