シェアレストラン卒業のカレー専門店が変わらず人気の理由とは?

440

「シェアレストランから実店舗を持って本当に成功するの?」そう思っているあなた。シェアレストランから自分のお店を持って成功した人はたくさんいます。
今回はその中から新宿ゴールデン街でシェアレストランをスタートし、短期間で自分のお店を持つことができたカレー専門店「サンラサー」をご紹介していきます。シェアレストランから実店舗になるときお店のスタンスは変えた?そんな気になる部分などをお話していくので是非参考にしてみて下さいね。

カレー専門店「サンラサー」ってどんなお店なの?

カレー専門店サンラサーはシェアレストランから実店舗を持ったお店です。
サンラサーは2017年2月に新宿ゴールデン街のバーを間借りしたシェアレストランから始まり、同年12月には実店舗を持つと言う急成長を続けているお店です。
そんなに早く実店舗が持てるサンラサーとは、いったいどんなお店なのでしょうか?
さっそくご紹介していきますね。

サンラサーではどんなカレーを食べられるの?

サンラサーのカレーはスパイス料理研究家の女店主さんが、インド家庭料理をベースにスパイスを工夫した優しい味のカレーです。
カレーは1日30食限定でうち10食は予約制と言うスタイルをとっています。予約方法は前日15:00から公式インスタグラムより受付ができます。
お店の定番は月替わりのキーマカレー(ひき肉を使用したカレー)と週替わりカレーの2種類で、季節や仕入れた材料などによってお客様が飽きないようなメニュー作りをしています。
価格はカレー1種類900円・カレー2種類あいがけ1200円です。さらにオプションでウールガイ(スパイスのお漬物)各種200~300円をつけることができます。
また、女性のお客様が喜ぶドリンクやデザートもいくつか用意してあり、食後のコーヒーとお菓子はサービスとして提供しています。

シェアレストランから実店舗になって変えたところはあるの?

サンラサーは基本的にはシェアレストランから実店舗になっても、スタンスはまったく変わっていないと言ってもよいでしょう。
営業時間も平日の昼のみで、実店舗は閉店が15時と1時間長くなったくらいです。
またシェアレストラン時代は1日限定20食でしたが実店舗は30食と少し増やしています。さらに細かく言うとシェアレストラン時代は日替わりカレーでしたが実店舗は週替わりカレーと月替わりカレーに変更になっています。

あえて大きな違いをあげるとすれば、実店舗はスタンディングカウンター(椅子がないカウンター)というところです。
初めてご来店される方は少々驚かれますが、お店を出る時にはもう気にならないようです。これはサンラサーの女店主さんの人柄と美味しいカレー料理がそうさせていると思われます。
場所もシェアレストランを営業していたところから歩いて数分と近く、店内もほぼ変わらず6人ほどが食べられるスペースなのでシェアレストラン時代の常連さんも以前と変わらない空間を味わうことができます。
シェアレストランから短期間で実店舗へ、そんなサンラサーの生みの親でもある女店主さんっていったいどんな方なのでしょうか。さっそくサンラサー誕生のお話をしていきますね。

カレー専門店サンラサー誕生の秘密

サンラサーの店主は最初新宿ゴールデン街にある知り合い「バー miki」の店主から「間借り営業をしてみないか」と声をかけられ、レンストランシェアを始めることになりました。
その後どんどんと人気がでて、常連さんの後押しもありサンラサーを実店舗にする道へと進むようになっていったというわけです。

短期間で実店舗にしたサンラサーの店主ってどんな人なの?

サンラサーの店主は女性でお名前はまりこさんと言います。公式HPではMariko Lila(マリコリーラー)さんと記載されています。現在はスパイス料理研究家という肩書きをお持ちです。
まりこさんは中学時代のころからカレー作りに興味を持ち、その後雑誌で読んだ南インドのミールス特集から本格的にインド料理に興味を持つようになりました。
そしてインド料理・スパイス料理界で有名な香取薫さんのもと修行し、キッチンスタジオペイズリーインストラクターコースを修了されています。

「ごはん会」や料理教室・イベント、さらには2016年に初のスパイス料理教室も開催するなど、サンラサーをシェアレストランする前からいろいろとインド料理に携わる日々を過ごしていました。
まりこさんの凄いところはインド料理に携わりながらも某ファストフード店で20年近く働きマネージャーまで昇進するという経歴の持ち主だという事です。長年の飲食店での経験がシェアレストランから短期間で実店舗へ進んでいった理由の1つかもしれませんね。

ただ実績と経験だけでは人気店にはなれないですし、お客様もついてきてはくれません。
もちろんおいしい料理を提供することが大前提ですが、成功するには店主の人柄も大きく関係していることも間違いないはずです。
それが良くわかるのが口コミとまりこさんのSNSです。
次にお話するのはシェアレストラン時代から実店舗になったサンラサーをお客様はどう思っているのか、そしてまりこさんが忙しい中どうやってお客様とコミュニケーションをとっているのかをご紹介していきますね。

実店舗になっても人気店でいられる?

サンラサーは実店舗となってもシェアレストラン時代の常連さんたちが変わらず通い続け、さらに新規のお客様もしっかりとついてきている人気店です。
シェアレストランから実店舗になるデメリットの1つとしてあげられるのが、今までの常連客が来店しづらくなる可能性があるということです。
これは立地場所・客層・メニューの設定・店の雰囲気などが変わることが原因と言えます。
ただサンラサーは口コミや店主まりこさんのSNSなどを見る限りその点はすべてクリアされているような気がします。

例えば店内の張り紙はもちろんSNSにもお店でのマナーについての注意事項をしっかり理解した上で、入店をお願いするメッセージを発信するなど全てのお客様にサンラサーで気持ち良く食事をしていただく努力をしています。
さらに口コミを見ていくと新規のお客様は、「初めていった自分にも『どこでこのお店のことを知ったのですか?』などと気さくに声をかけてくれて嬉しかった」。「1度しかいっていないのに、自分のことを覚えていてくれて嬉しかった」などちょっとしたまりこさんの気遣いがお客様のココロをほっこりさせてくれるようです。
またサンラサーは人気店のため毎日行列ができ閉店前に完売したり、満席だったり、2人でいっても1人分しかできないといった状況も少なくありません。
しかしそんな時、店主のまりこさんができるだけお客様のリクエストを叶えるため、完売の時には予約のご案内・席がないときはテイクアウトをおすすめ・1人分しかないときはなんとか2人分にして作ってみたりと、多くのお客様がサンラサーのカレーを食べてもらえるよう考えています。
そんな店主まりこさんの気遣いこそが人気店として急成長をし続けているサンラサーの秘密なのかもしれませんね。

実店舗を持っても「初心忘れるべからず」の気持ちを大切に

シェアレストランを卒業して実店舗を持ってからが本当のスタートラインです。
シェアレストラン時代に学んだ多くのことを忘れずに、また初めてシェアレストランをしたときの意気込みを胸に実店舗を持つことで、きっとあなたのお店も人気店へと発展していくはずです。

店舗情報

  • 店舗名:サンラサー
  • 住所:東京都新宿区新宿6丁目27-17
  • 営業時間:スタンダードカレータイム11:00~14:00、カフェタイム14:00~15:00
  • 定休日:土日月祝(ほかに臨時休業あり)
  • ホームページ
  • facebook
  • instagram