テレビでも紹介された話題の間借りカレー店「平日昼だけ」

266

「シェアレストラン」「間借り営業」などと呼ばれる飲食店の営業スタイルをご存知でしょうか。
昼間などに営業していない店舗を間借りし、その時間だけオープンしている飲食店の営業スタイルのことを指します。
こちらではシェアレストランについて説明するとともに、テレビでも紹介された話題の間借りカレー店「平日昼だけ」をご紹介します。

店舗をシェアすることで双方にメリットが!

写真:イメージ「平日昼だけ」

いつか自分のお店を持ちたい。それがかねてからの夢だったという方もいらっしゃると思います。
しかし、実際に飲食店をオープンするには設備の工事などで多額のコストがかかりますし、調理器具やカウンター、テーブル、椅子などを一から揃えるとなると相当な労力も必要となってくるでしょう。多額のコストと労力をかけて飲食店をオープンしたのに、思うように集客できずになかなか経営が軌道に乗らなかったらどうしよう・・・などと考えてしまい、なかなか飲食店のオープンに踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。

そのようなお悩みを抱える方におすすめしたいのが、「」です。シェアレストランは間借り営業、時間貸しなどとも呼ばれ、ある飲食店の店舗をお店が営業していない時間に間借りをして、その時間帯だけ飲食店をオープンするという営業スタイルのことを指します。
最近ではルームシェアやカーシェアリングなどが人気ですが、飲食店の店舗をシェアして使うのが「シェアレストラン」だと考えていただくと分かりやすいのではないでしょうか。

レストランシェアは間借りをする側にとって、工事費や設備投資などといった初期投資のコストがほとんどかからない、賃貸料金を抑えられるといったメリットがあります。
一方で貸出する側にも、店舗を時間貸ししてシェアすることでその分賃貸料金を安く抑えることができるといったメリットをもたらします。

間借りする側、時間貸しする側双方にメリットがあるシェアレストラン。シェアレストランを利用すれば、諦めかけていた「自分の店を持つ」という夢に手が届くかもしれません。

軌道に乗ったら実店舗を持つことを視野に入れても

写真:イメージ「平日昼だけ

レストランシェアで営業を始め、お客様の評判も良く経営が軌道に乗ってきた、経営のコツがわかってきたと感じたら、本格的に自分の店(実店舗)を持つことを考えても良いでしょう。実際に、間借り営業から実店舗を持つに至ったという成功例もあります。

実店舗のオープンにあたっては、なるべくコストを抑えたいところではないでしょうか。そこで初期投資を抑えるためにおすすめしたいのが、「居抜き店舗(居抜き物件)」です。

居抜き店舗とは、以前のオーナーが使っていた時の内装や設備、備品などがそのまま残った店舗物件のこと。飲食店を新規でオープンする際、以前同じようなジャンルの飲食店だった居抜き店舗を選べば厨房や設備などをそのまま使える可能性もあり、初期投資や工事費などを大幅に抑えることができるというメリットがあります。
飲食店をオープンするための大規模な工事が必要ないとなれば、その分オープン時期を早めることも可能になり、早くから収入が見込めることになります。

ただし、前のオーナーが残していった造作、設備などは無償とは限りません。前のオーナーが造作等を買い取ってもらうことを希望している場合、造作譲渡料がかかります。
それでも、一から工事をして設備を整えたり備品を揃えたりするのに比べれば、大幅に初期投資を抑えられる可能性が高いと言えます。

また、一口に居抜き物件といってもどの程度造作や設備などが残っているかは物件によって異なりますから、実際に使える設備があるかどうかは内覧をしてしっかりと見極めたいところです。

居抜き店舗は退去する店舗のオーナー側にとってもメリットがあります。退去時に設備を撤去するなどの原状回復をする必要が無いため、原状回復のための費用を抑えることができます。さらに、造作や設備などを次のオーナーに買い取ってもらうことができれば、その分の収入を得られる可能性もあります。

シェアレストランカレー店「平日昼だけ」

レシェアレストランを利用して営業しているお店が多い飲食店のジャンルのひとつとして、「カレー店」が挙げられます。シェアレストランで営業しているカレー店は、巷では「間借りカレー」「ヤドカリ系カレー」などとも呼ばれ、ひそかなブームとなっています。

その中でも今回こちらでご紹介させていただくのは、東京メトロ丸の内線の東高円寺駅から徒歩5分のところにあるアンティークショップカフェバー「シュワルツカッツ」を間借りしているシェアレストランカレー店。平日の昼間だけ営業をしている、その名も「平日昼だけ」というお店です。

「平日昼だけ」はTBSテレビ「マツコの知らない世界」の「マツコの知らない間借りカレーの世界」で話題となり、日本テレビの「シューイチ」でも紹介された人気店。アンティークショップカフェバーの店舗をシェアレストランして営業しているため、その外観、内装はとても個性的です。
店舗の外には少し怪しげな骨董品のようなものが並んでいるため、入るのをためらってしまう方もいらっしゃるかもしれません。そして店内に一歩足を踏み入れると、不思議な世界に迷い込んだような感覚に。天井から下げられたアンティークの数々が目に飛び込んで来て、その独特な雰囲気に圧倒されます。
夜の時間帯には、この不思議な空間でアーティストによるライブなどが開催される日もあります。

「平日昼だけ」がオープンしたのは2017年の12月。通常は平日の11時30分~15時頃までの営業となっていますが、不定期で土日や夜の営業も行っています。
通常の営業時間の場合、平日の昼間にお勤めの方は食べに行くことが難しいですから、土日や夜の営業がある日をチェックしておくと良いかもしれません。

メニューは「和だしそぼろカレー」のみ

「平日昼だけ」のメニューは「和だしそぼろカレー」のみ。
かつおや昆布、いりこ、どんこなどからとっただしを使用し、独自に配合されたスパイスと蕎麦屋で使用するかえしによって味付け。ご飯には肉そぼろやかつお節、梅、大葉、揚げ玉などがトッピングされた和風のカレーです。
カレーのトッピングとしてはなかなか見かけない組み合わせで、揚げ玉のサクサクした食感が、今までのカレーの常識を覆してくれるでしょう。和だしそぼろカレーは、その名の通りとことん「和風」にこだわったカレーとなっています。

メニューは1種類ながら、豊富なトッピングを追加で選択できる点も特徴。トッピングの組み合わせによって味や歯ごたえなどがさまざまに変化するのが魅力です。トッピングはたくあんや温泉玉子、ひきわり納豆、オクラ、みょうが、ほうれんそうなどがあり、「全部乗せ」を選択することもできます。自分だけのお気に入りの組み合わせをオーダーしたり、毎回違った組み合わせを選択したりと、さまざまな楽しみ方ができそうです。
トッピングは期間限定のものが登場することもあります。

和だしそぼろカレーの価格は普通盛(240g)が持ち帰りコーヒー付きで980円。プラス100円でライスを1.5倍に増量することも可能で、既存のトッピングもそれぞれ料金をプラスすることで2倍に増量することができます。
温め直しのできる容器に入ったテイクアウトも用意されており、持ち帰って食べることも可能です。

店舗情報

  • 店舗名:「平日昼だけ」
  • 出店期間:平日11時30分~15時(売り切れ次第終了。不定期で土日、夜の時間帯の営業もあり)
  • 開催場所:「シュワルツカッツ」(アンティークショップカフェバー)
    東京都杉並区梅里1-21-21
    東京メトロ丸の内線東高円寺駅より徒歩5分
  • 参考:
    Twitterアカウント
    食べログ

※記事内の写真はイメージです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here