チェーン展開構想中。あの人気カレー店「秋葉原カリガリ」が新宿にオープン!

800

秋葉原で人気のカレー店「カリガリ」が、シェアレストランで新たにランチ限定店舗「カリガリ 間借りカレー・新宿店」を2018年6月27日にオープン!
自身で店舗運営をされ、新宿店でもキッチンに立たれている、代表の二木 博さんに、濃厚なココナッツカレー「カリガリカレー」誕生の歴史や、新宿店オープンを間近に控えた心境をお伺いしました。

銀座のクラブで裏メニューとして人気を博したカリガリカレー

―ご自身でカレー店を出そうと思われたきっかけは何ですか?
元々は、父が銀座でマジシャンなんかも居るような老舗のクラブを経営していて、そこを手伝っていました。ボーイをやっていたんですが、厨房でパスタや焼きそば、カレー等色々な軽食もつくる事になったんです。その中でカレーをつくった時に、サラっとした普通のカレーじゃ何か物足りないなと思って、自分でどんどん味を足していったら、いつのまにかドロッとした現状のカリガリカレーに近いオリジナルなものができたんですよね。
それがクラブで結構話題になって、お客さんから「このカレーでうちの店でランチやらない?」と声をかけてもらったんですが、それなら自分で店をやったほうがいいかな、と思ったのがきっかけですね。
―やはりカレーがお好きだったのでしょうか?
実は僕自身はカレーが特にそこまで好きだった訳ではないんです(笑)。オリジナルカレーがつくれてしまったというか、評判になったので、自然な流れでカレー店をやることになりました。当時は特にカレーづくりを学んだという事はなくて、ほぼ独学でやっていました。
―カリガリという、店名の由来は?
1920年に制作されたドイツのサイレント映画の『カリガリ博士』からもらって決めました。“カリガリカレー”っていう響きもいいなと思って。映画の内容も実験的な要素も多いですし、自分のつくっているカレーの実験的な部分とも重なるような気がしたんです。最初に出した渋谷店のアートディレクションも、友人に頼んでカリガリ博士をイメージしたものにしてもらいました。
―その渋谷店が始まりだったんですね。
はい、2005年に席が8席程の「渋谷カリガリ」を開店して、田町で「立ち飲み+カレー」のような店も2年位営業していました。その後2015年に「秋葉原カリガリ」を出して、2017年に丸ビル内に「カリデリ 丸の内」というテイクアウト専門店を出店しました。現在はこの2店舗を営業しています。

写真が有料の街。特異な秋葉原カルチャーとの繋がり

―秋葉原に店舗を構えた理由は何ですか?
ディアステージ(秋葉原にあるライブイベントスペースビル兼事務所) などを立ち上げた、アイドルプロデューサーの福嶋麻衣子(=もふくちゃん)さんが元々友人だったんです。その頃僕も「インド人完全無視カレー」や「堀江貴文刑務所カレー」などのパッケージ商品をつくっていたので、そういうパッケージ商品を売るのにも、ネット展開とも相性がいい、秋葉原がいいかなと思っていました。
その後、吉河順央(よしかわ すなお=愛称“すうちゃん”)さんを紹介してもらって、彼女がカレーが好きで、秋葉原カリガリのフロアディレクションをしてもらいました。すぅちゃん自体もお店にきてくれて、オープン当初は彼女のファンの方がよく来店してくれたんです。その縁もあって、すぅちゃんの仲間のアイドルの子達にも働いてもらうようになりました。
―カレー店でアイドルの方に給仕してもらうというのはちょっと珍しいですね。
そうですね。「カレー屋なのに何でアイドルがいるんだろう」って話題にもなりました。店としては来店促進にもなりますし、アイドル達も、来店するファンの方と交流できるので、お互いに良い所がありましたね。

ただ秋葉原ではメイドカフェを始めとしたコンセプトカフェ独自の文化があって、写真が無料じゃない街なんです。最初はお客さんに「店員さんの写真は撮影していいの?」「チェキはとれるの?」「時間制限はあるの?」「一体、どっちのタイプの店なの!?」って言われていました(笑)。基本的には撮影NGなんですが、機会があればチェキ撮影会などを企画する事はあります。
でも、店としてはアイドルを売りをしている訳ではないんです。モデルやカメラマンを志望していたり、何かを成し遂げたい目的があって、お互いに利用価値が見いだせるという方に働いて貰っている感じでしょうか。たまにカリガリを“アイドルが居るカレー店”と紹介頂く事がありますが、いつもアイドルが居る訳ではないですので・・・。僕一人だけの場合もありますしね(笑)。
―二木さんのツイッターのアイコンが気になったのですが、これは似顔絵ですか?
ご本人から「お友達って呼んでいいよ」って許可をもらっているんですが(笑)、お友達の水島精二さんが監督されている、今放映しているアニメ「BEATLESS ビートレス」のキャラクターなんです。このアニメの中で会議のような場面があって、おじさんが沢山必要になったらしいのですが(笑)、僕をモデルにしたキャラクターを出して頂いて。それをアイコンに使わせてもらっています。
秋葉原は、電脳とアニメとオタクというカルチャーが混在している不思議なところですが、色々な方との繋がりも得ることができる魅力的な街でもあると思います。

マッチングの手間、信用問題のクリアでシェアレストランを決意

―今回は新たにシェアレストランの形でランチ店をオープンされますね。
はい、新宿店をオープンします。実は、シェアレストランの概念自体はありましたが、自分で店舗を運営しているので、あまり現実的ではないなと思っていて。借りる人と貸す人のマッチングの手間や、信用・保証の問題なんかも大きいですからね。
今回そういった問題がクリアできるというお話を伺って、自分の中で日々考えていた計画との相性も良く、これは面白い展開ができるのではないかと思いシェアレストランをやってみることにしました。マッチング、信用などの不安なくシェアレストランができるなら、シェアレストランに一番向いている飲食はカレーなんじゃないかと思います。
僕は店を持っている側の人間でもあるので、店のアイドルタイムを信用できる方に使ってもらえるのも嬉しいので、今回のようなシェアレストランマッチングサービスの存在は有難いですね。
―シェアレストラン店舗出店にあたり、準備期間はどれくらいかかりましたか?
一ヵ月位です、シェアレストランのお話を頂いてからはあっという間でした。僕の場合は飲食店を既に営んでいるので、かなりスムーズだったのかもしれません。

飲食店の3つの課題が解決できるシェアレストラン

―シェアレストランの具体的なメリットはどうお考えでしょうか。
自分で店舗を運営していて感じる、飲食店運営の3つの課題というのがあります。一つ目は開業資金。1000万円~2000万円の費用がかかりますよね。二つ目がロケーションの問題。良い場所は既に埋まっていて借りられない事が多いし、運よく場所が空いたとしても、本当に高い使用料を払う価値があるかの判断が難しい。3つ目は人件費です。
シェアレストランならこの3つの問題がクリアできるのがメリットだと思います。開業資金は十分の一か百分の一になるし、その分食事にかかる原価もより高くかけられて、お客さんによりものが提供できるようになります。それに既に上手く運営できている店舗を借りて営業するので、ロケーションに悩む事もない。ランチ営業だったらワンオペレーション(=ワンオペ/一人で店舗を営業すること)も可能でしょうから、人件費の問題もありません。
カリガリとして本当にワンオペで運用できるのかはやってみないとわからないので、まずはこれからオープンする新宿店で、自分自身が試していこうと思います。

―新宿店のメニューは決まっていますか?
はい。オリジナルのカリガリカレーとインドカレーにチキン竜田や揚げナス、チーズなどをトッピングした「アキバ盛りカレー」という人気メニューがあるのですが、今回はシェアレストラン向けに、「アキバ盛りカレー2」を開発しました。カリガリカレーに、魯肉飯(ルーローハン)、煮卵、パクチー、ポテサラ、高菜炒め、山椒の実、アチャール、カスリメディをトッピングしています。

シェアレストランでのチェーン展開を目指して

―今後、どのような店舗展開をされたいですか?
シェアレストランでのチェーン展開を考えています。僕は飲食店を自分で始めたら、ほぼ一生かけての戦いになると思っているんです。これから飲食店を始めようという場合、飲食開業の際の開業資金の大きさは、もし失敗すれば、大げさな話をすると半生を失うようなリスクであると思っているからです。シェアレストランであればそのリスクを下げることができますよね。
また、今、“働き方改革”ってよく言われていますが、飲食業界は人手が足りなくて残業だらけだとか、ブラックだと言われがちです。でもシェアレストランでワンオペでまわす事ができたら、一人で、短時間で、やれることだけをやる、というギュッと凝縮した、今までとは違った働き方が実現できるんじゃないかとも思っているんです。
―これからシェアレストランをされる方へ、アドバイスをお願いします。
プレオープン日を設けるといいかと思います。特に店舗運営自体が初めてという方は、少し長めにプレオープン期間を設けて、知人友人に来てもらってシミュレーションするのがおすすめです。あとは、借りる前に店舗のオーナーと交渉して、小型冷蔵庫を置かせてもらえるところを優先するとか、食材や食器を置けるスペースはあるかを、よく聞いてみたほうがいいですね。
僕もこれから新宿店を自分でやってみて、上手くいけばカリガリのシェアレストランでのチェーン展開を考えているので、よかったら是非カリガリを一緒にやりませんか?とも言いたいです(笑)。ちょっと先の話になるかもしれませんが、是非皆さんと一緒に飲食業界を盛り上げていけたら嬉しいですね。

店舗情報

  • 店舗名:カリガリ 間借りカレー・新宿店
  • 場所:新宿東南口駅前 Lad’s Dining 新宿店にてランチ営業
  • 営業時間:毎週水曜~日曜 11:30~15:00
  • ※営業日の詳細やお知らせは公式ツイッターにてご確認下さい。
  • twitter
  • 食べログ