大阪に多いシェアレストランスタイル!バンドマン店主が営業する「麺や 銀ぺい」

474

あるお店が営業していない時間帯に間借りをして、別のオーナーが別のスタイルの飲食店を営業する。このような営業スタイルを「シェアレストラン」「間借り営業」などと呼びます。シェアレストランは店舗をシェアして有効活用できるため、間借りする側、貸出する側どちらのオーナーにもメリットがある魅力的な飲食店の営業スタイルと言えます。今回はシェアレストランのメリットについてや、大阪で夜はバー、昼はラーメン店として営業する「麺や 銀ぺい」についてお話していきます。

お試しで飲食店をやってみたい方にもシェアレストランは有効

脱サラをして飲食店をやってみたいけれど、うまくいくかどうか分からないので家族に反対されている。飲食店をオープンさせる資金はまだ貯まっていないけれど、自分に飲食店の経営ができそうかどうか先に試しておきたい。飲食店をオープンしたい方の中には、このような方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今の仕事を辞めて飲食店のオープンに動き出してしまったら、もう後戻りはできません。会社も辞め、退職金をはたいて多額の初期投資をして店舗を持ったものの、なかなか売り上げが伸びず、結局店をたたむことになってしまった・・・などということになるかもしれないと考えると、やはりいきなり自分の飲食店を持つのは怖いと感じる方も多いと思います。

そのような方にもおすすめしたいのが、シェアレストランで飲食店をオープンする方法です。シェアレストランとは、飲食店として営業している店舗を使っていない時間だけ間借りして、その時間だけ飲食店をオープンするという営業スタイルのこと。厨房やテーブル、椅子などの備品はそのまま使うことができるため、飲食店オープンの初期費用を大幅に抑えることができます。

シェアレストランなら、飲食店をお試しでオープンしたいという場合にも有効です。実際にやってみて飲食店の経営のコツをつかむのも良いですし、間借り営業の間にお店のファンを増やしておくのも良いでしょう。もしかしたら、間借りさせてもらっている飲食店の常連客が足を運んでくれるかもしれません。
シェアレストランは、もちろん店舗を貸出する側にもメリットが。営業していない時間帯に店舗を時間貸しすることにより、賃貸料金の一部や水道光熱費の一部などを得ることができます。

シェアレストランできそうな店舗が身近になければサイトを利用

「飲食店を間借りしてシェアレストランをやってみたいけれど、一体どうやって飲食店を時間貸ししてくれる店舗を探したらよいのか」という点に疑問を持った方もいらっしゃると思います。

知り合いに飲食店をやっている方がいて使っていない時間に飲食店を貸出してもらえるなどの場合は良いですが、そのようなつてが無い場合には、自分で時間貸ししてくれる店舗を探さなくてはなりません。
気になるお店に自分からお願いしに行くのも良いかもしれませんが、そのお店と何も接点がない場合には、いきなりお願いしに行くのは少し勇気が要るでしょう。また、飲食店の賃貸料金や電気代などの按分に関してしっかり取り決めを行わないと、トラブルに発展してしまうケースもあります。

そのような不安要素をクリアするためには、間借りサービスを行っているサイトを利用するのがおすすめです。シェアレストラン(間借り)をサポートするサービスを提供しているサイトは、間借りをさせてくれるお店を探しているオーナーと、店舗を時間貸ししたいというオーナーの出会いの場として活用されています。

自分一人で店舗を時間貸ししてくれる飲食店を探すのは骨が折れるものです。間借りサービスならば店舗を貸出したいという飲食店が集まっているため、探す手間や交渉する手間もかかりません。
最近では、飲食店を間借りしたい人と飲食店を時間貸ししたい人を結び付けるサイトが増えつつあります。シェアレストランできる店舗が見つからない場合には、間借りサービスを行っているサイトを利用してみましょう。

実店舗オープンの際に知っておきたい「居抜き店舗」とは?

シェアレストランで飲食店を営業して軌道に乗ってきた、お店のファンが増えてきたという場合には、実店舗のオープンを考えるのも良いのではないでしょうか。
実店舗をオープンするためには、まず物件探しをしなければなりません。そして、厨房などの設備、店内の内装などの工事をして飲食店を営業できる状態にする必要があるため、それなりの費用と時間がかかることを覚悟しなければならないでしょう。

そこで、実店舗をオープンするにあたって初期費用を抑えたい、なるべく早くオープンしたいという方に注目して欲しいのが「居抜き店舗」を利用しての飲食店オープンです。
居抜き店舗とは、以前入居していた飲食店が使っていた設備が残っている店舗のことです。厨房などの設備をそのまま活用することができるため、飲食店のオープンにかかる費用を大幅に抑えることができます。さらに、工事にかかる時間が短縮できるため、一から設備を作るのに比べてオープン時期を早めることも可能です。
設備や造形等は無償で譲ってもらえるとは限りませんが、それでも一から工事をするのに比べたら、初期費用を大幅にカットできる可能性が高いでしょう。

居抜き店舗は新しく店舗をオープンするオーナーだけでなく、退去する側のオーナーにとってもメリットがあります。通常、退去の際には設備や内装などを全て撤去して原状回復をしなくてはなりませんが、居抜き物件として明け渡す場合、原状回復の費用が抑えられるうえに、設備や備品などが売却できた場合にはその分の収入を得られる可能性もあります。

昼間のみラーメン店を営業する「麺や 銀ぺい」

西心斎橋にある、どこかノスタルジックな雰囲気が漂う大阪センタービル(アメ村スクエア)の2階にあるCafeBar 「EVΦL」。ヴィジュアル系ロックバンドやメタルなどが好きな方が集うハードな雰囲気の店舗は、夜は1980年代や1990年代のヴィジュアル系ロックやメタルが流れるカフェバーとして営業。
そして昼には、自家製の手打ち麺を使ったかまたま麺や牛スジつけ麺などが楽しめる「麺や 銀ぺい」へと表情を変えます。麺や 銀ぺいの店主はバンドマンでもあり、ライブなどで地方に出かけた時にはラーメンの食べ歩きをするほどのラーメン好きでもあるようです。

麺や 銀ぺいは火曜日から日曜日の11時30分~14時というお昼の時間帯のみ営業しているラーメン店です。お昼だけの営業ながら、かまたま麺、牛スジつけ麺、カレー牛スジつけ麺、油そば、醤油ラーメンなどメニューも豊富。それぞれにお好みで麺の量を選べるようになっている細やかな気遣いも嬉しいポイントです。そのほかに、チャーシューめしや牛スジめしなどのサイドメニューやアルコールも楽しめます。

麺は試行錯誤の末にたどり着いたこだわりの自家製手打ち麺。人気メニューである牛スジつけ麺は、国産の牛スジと醤油、魚介で少し甘めに仕上げた和風のつけだしと手打ち麺の相性も抜群です。
また、かまたま麺は手打ち麺のうま味を感じやすい一品となっており、自分の好みの量のだし醤油をかけて楽しむことができます。

店舗情報

  • 店名:麺や 銀ぺい
  • 住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋2-8-33 大阪センタービル(アメ村スクエア)2階25(H号室)
  • ※CafeBar EVΦLの間借り店舗
  • アクセス:地下鉄御堂筋線・なんば駅より徒歩3分、心斎橋駅より徒歩5分
  • 営業時間:11時30分~14時(ラストオーダー13時45分、スープまたは麺が無くなり次第終了)
  • 定休日:月曜(不定期休業日あり)
  • twitter
  • 食べログ