間借りそば店 3種の肉そばが凄い! 北越谷『麺 迦具土』店主インタビュー

797

初期費用がかからない分、食材原価をかけることの出来る間借り営業は店主の創意工夫を発揮しやすい営業スタイルです。そのため、個性的なオリジナリティのある業態が次々と生まれています。

さて、今回は「3種類の肉そば専門店」というアグレッシブな業態で間借り開業された店舗へ様子を伺って来ました
分厚い鶏チャーシューと手作りつくねが食べ応えのある鶏肉そば 580円
『3種類の肉出汁が凄い!』
はためく三本ののぼりが目印
北越谷の繁盛店「酒bar」の朝から昼にかけて間借り開業。のぼりと暖簾で蕎麦屋仕様に。
看板メニューは鶏肉・豚肉・牛肉、それぞれの肉の出汁の旨味を活かした3種の肉そばです。 魚介出汁と肉出汁の旨味の強い「辛牛肉そば」
まずは、自家製追いラー油でいただく辛牛肉そば(冷)580円をいただきます! 煮干しと昆布、牛肉から抽出された魚介と肉系のバランスのいい後引く旨味の出汁です。これに自家製ラー油を入れるとピリリと味が引き締まり、旨味が強調されます。
ご飯が進みそうな自家製ラー油
濃厚な旨味の辛牛出汁。
のど越しのいい生そば。茹で上がりも早い蕎麦をセレクトしているそうです。 「それぞれの出汁を1日~2日かけて抽出」
左奥が鶏出汁、右奥がかけ出汁。手前左が豚出汁。手前右が牛辛出汁です。 驚いたことに、辛牛そばには赤い牛出汁、鶏そばには黄金色の鶏出汁とそれぞれの素材から抽出された肉出汁のスープを使用しているそうです。1日から2日かけて手作りと、気の遠くなる作業です。丹精込めて抽出した出汁に併せて、それぞれの肉トッピングをぶっかけます。そんな工程で出来上がった逸品が580円という低価格なのにも驚きました。 黄金の鶏出汁に贅沢トッピングの「鶏肉そば」
さて、二品目をいただきましょう!鶏肉そば580円。
無料のトッピングコーナー。ゴマやコンブ、そして本日は食感のいい蕎麦の実もございます!
フリートッピングで豪華絢爛!
黄金の鶏出汁に手作りの食感が楽しい鶏団子が3個も! 次は豚肉そばといきたいところですが、すいません。分厚い鶏チャーシューでさすがにお腹いっぱいです。次回に持ち越しとなりました。是非、皆さまの舌でお確かめ下さい! 未知の豚肉出汁と、濃口醤油を使って熟成させた濃い出汁と、白醤油を使った柔らかい出汁を含めた5種類のスープ。全て制覇するまで、北越谷通いが続きそうです。 惚れ惚れしますね。綺麗に透き通ったかけ出汁。
「出汁への強いこだわり」

ご主人に少しだけお話を伺うことが出来ました。

「ご馳走様でした。2品とも美味しいオリジナリティのある蕎麦でした。仕込みが大変そうですが、ご主人はそもそもなぜ、お蕎麦屋さんを始めようと思ったのですか?」

もともとラーメンの食べ歩きが趣味だったのですが、いつしか嗜好の幅が広がって蕎麦もよく食べ歩いていました。ところが、なかなか気に入ったソバツユの店がなくて…それならば、自身でできないか?と思ったのがきっかけです。

「それで、出汁へのこだわりが強いのですね。飲食経験はどのくらいあるのですか?」

10年程度です。そのうち、ラーメン店にも2年くらいおりました。その時のノウハウなども使っています。

「なるほど、独創性はその辺から来ているのですね。では、飲食一筋ですか?」

いえ、前職は会社員でして、飲食の現場からは少し離れた期間がありました。また、起業という形で戻りたいなと考えていたところで軒先レストランと出会いました。

「ありがとうございます!こういった独自性の強いメニューは間借りならですよね!」

少しずつ味も変えながら、進化させていきたいと考えております。
照れ屋のご主人は顔出しNGですが、手元だけはOKいただきました。
皆さまも是非、5種類の出汁を味わってみて下さい!
■店舗情報 店   名:「麺 迦具土」
住   所:  埼玉県越谷市大沢3丁目18−16 酒bar内 (軒先レストラン
営業時間:6:00~13:30(LO)
定休日:不定休
オープン日:令和元年5月8日(水)
■軒先レストラン
軒先レストランとは、飲食店の使われていない時間を間借りできるサービスです。
これから飲食店をはじめたい開業希望者が、既存の飲食店の空き時間を利用して開業できる間借りレストラン(シェアレストラン)サービス。
飲食店を貸出たい方も登録して貸出することもできます。
軒先レストラン公式HP:https://business.nokisaki.com/cp/restaurant
■最新記事はこちら