『煮込み&手打ちそばラ・オングレ』店主インタビュー

563
「間借りカレー」を筆頭に新しいスタイルの営業方法として注目を集めているシェアレストラン。初期費用がかからない、すぐに始められるという手軽さから毎年多くの店がオープンしています。 今回は「牛煮込みとそば」という新しい間借り店舗として開業された店主夫妻にインタビューを敢行しました。開業したばかりで謙遜されており、過度な露出がNGの店主夫妻ですが、顔出しをしない事を条件にいろいろ聞いてきました。
どうだ!といわんばかりの牛煮込み。 『5年間、研究を重ねた煮込みと蕎麦』

「さっそくですが、なぜ煮込みと蕎麦の店を始めようと思ったのですか?」

まずは煮込みの方ですが、実は最初は苦手だったのです。比較的有名なお店でいただいたのですが、私には合わなくてがっかりしたのです。

「意外な展開ですね!

はい(笑)、ただそれだけで煮込みが苦手というのも良くないなあと思いまして、いろいろな有名店で食べ歩きをいたしました。そうしましたら、東京三大煮込みの一つでもある北千住の大はしさんにハマってしまいまして、今では週1で通っています。

「なんと!劇的な展開ですね!」

はい(笑)、味もさることながら、あの雰囲気がたまらなく好きで…週2の時もあります(笑)。それからというもの、自分でもすじ肉などを仕入れて作っては家族やご近所様に振舞っています。かれこれ5年くらいはそんな生活を続けております。

「なるほど好きになると、とことんのめり込むのですね。食の世界では重要な事ですよね。では、蕎麦の方も同様の感じですか?」

そば打ち名人の高橋邦弘さん率いる翁達磨グループの会員制の店が荻窪にあります。店主は高橋名人の弟さんですが、私はそこの会員でして、完全に感化されました。やはりそこでも常連になって、レシピや技術を教えていただき、煮込み同様に家で振舞っています。
全く臭みのない「肉肉しい煮込み」

「なんだか先ほどからいい匂いがします。」

煮込み、いただきますか?

「もちろん、いただきます!!」

どうぞ、スジ肉とホホ肉だけを使用した牛煮込みの定食です。

「なんとも、肉肉しい煮込みです。甘さのない後味のいい醤油タイプでお酒が欲しくなります。柔らかすぎず、肉の食感が残っているのがいいですね!」

柔らかくなる手前で火を止めるのがポイントです。一晩、寝かせて熟成させています。

「仕事でなければ、完全にグビグビやるパターンですね。その分、ご飯が進みます。また、臭みが全然なくて、新鮮なのがわかります。というか、もうご飯がなくなってしまいました!」

ありがとうございます、芝浦から直接、いいものを仕入れさせていただいております。では、お蕎麦もいかがですか? のど越し最高な「朝打ち蕎麦」

「もちろん、いただきます!!」

どうぞ、今朝打ち立ての蕎麦です。お箸は蕎麦用のものに変えて下さい。

「すいません、ありがとうございます。おおっ!これもうまい!蕎麦の風味がいいです。」

蕎麦粉八割の二八蕎麦です。石臼引きの粉で今朝、打ったばかりですので、まだ風味が飛んでいません。

「完全手打ちでここまで麺線を綺麗に出来るものなのですね!のど越しが非常にいいです。永遠に食べ続けられます。また、濃厚なつけ出汁もいいですね。」

諸先輩方に教えていただいたレシピを基に出汁も手作りしています。 間借りのメリットは「元手無しで始められる」点。

「今回、軒先レストランで間借り店舗をスタートした理由を教えてください。」

実は昔、夫婦で飲食店を経営しておりました。今は別の仕事をしているのですが、その時の楽しさが忘れられないのと、煮込みや蕎麦を提供する実践の場が欲しくなりました。とはいえ、元手はかけたくない。いろいろ調べたところ、軒先レストランにたどり着きました。 来的には夫婦で再びお店をすることが目標。

「お店のメニューの展開は何かお考えですか?」

本日は間に合わなかったのですが、もつ煮を考えております。それも小腸だけを使用した珍しいもつ煮です。

「小腸も鮮度の高いものは美味いですよね!是非、またいただきたいです。ところで、店名のラ・オングレとはどういった意味なのですか?」

フランス語でサガリの部位を指します。

「なるほど!って、ん?煮込みのスジ肉でもほほ肉でもなく、もつ煮でお考えの小腸でもないのですね?」

うーん、まあまあ。 いつかまた夫婦で実店舗を開業したいと仰っていた店主のこだわりを考えると、何かの伏線のような気もしますが、近い将来にサガリを利用したスペシャルなメニューをお考えなのかも知れません! また、ここではリクエストをすれば、牛煮込みと手打ちの蕎麦のあいもりも可能だそうです。煮込みと蕎麦のマニアを唸らせる逸品を是非、お試しください。
■店舗情報
店   名   煮込み&手打ちそば「ラ・オングレ」
住   所   東京都中央区月島3丁目16−9白眉内
営業時間  11:00-13:30LO
定 休 日  日曜・月曜・火曜

■軒先レストラン
軒先レストランとは、飲食店の使われていない時間を間借りできるサービスです。
これから飲食店をはじめたい開業希望者が、既存の飲食店の空き時間を利用して開業できる間借りレストラン(シェアレストラン)サービス。
飲食店を貸出たい方も登録して貸出することもできます。
軒先レストラン公式HP:https://business.nokisaki.com/cp/restaurant
■最新の記事はこちらから