間借り飲食店 成功への道「間借りの工夫③」値決め編

0
89

これから間借り開業を目指す方に、間借り店の実例をお届けするシリーズ第3段。今回は「価格」について、お調べしました!

まずはハイエンドのレストランからご案内致します。世界一のレストランと言われるデンマークの「ノーマ」。実は日本では5週間だけ間借り方式で出店しておりました。映画化もされた伝説系の間借り店です。気になるお値段、一人約40,000円にも関わらず、予約開始直後に完売、キャンセル待ちが6万人と大騒ぎになりました。昆虫食を始めとしたノーマ の食に対する尋常ならぬこだわりが支持されたようです。
https://www.cafeglobe.com/2014/06/039002noma_tokyo.html

続いて「スパイスドランカーやぶや」
惜しまれつつ9月に閉店した予約の取れない間借り店です。

メニューはおすすめスパイス料理コース4,000円のみ。オーナーのこだわりにハマるスパイスファンは多いのです。今後どこに出店しても追いかけますよ!

間借り出店中にオリジナルのエッグロスコで話題となり、ニューヨークの行列店に成り上がった「egg」。

昨年日本に上陸しましたが、看板メニューのエッグロスコは、パンをくり抜いて、卵などを落としたシズル感たっぷりの朝食メニューですが1,800円します。価値を付けるのにオリジナルである点は重要そうです。

以上の3店舗は値段相応の価値を感じていただける工夫をしているから大人気なのでしょうが、もちろん業種業態が違うと、客単価も変わってきます。

「間借りノーマ」のように、ゴリゴリのフルサービスのコースレストランもありますが、間借り店ではセルフやカウンターサービスのランチ専門店が多いです。続いてそんな事例を2パターン見てみましょう。

まずは一番下のライン、500円〜700円単価です。ファストフードなどの強力なチェーン店がひしめく価格帯ですが、このプライスラインで勝負する間借り店は少ないようです。

そんな中、キラリと光る店が四谷の「ヤドカリカレー、ケンちゃんカレー」です。

基本メニューの唐揚げ付きカレーがなんと500円!間借り最安値かもしれません。提供スピードも早いのですが、トッピングでプラスアルファを稼いでいて、揚げ物カレー専門店という側面もございます。看板も頑張っておりました。

続いて、本格キーマが600円の「まっちゃんカレー」この衝撃価格は立地的な要因が大きいように感じます。

早稲田という学生街である点もそうですが、間借りらしからぬ目立ちのいい間口の広い建物で、主要交差点角地の路面店舗という、これまた間借りらしからぬスムーズなアクセスです。そして、ワンオペ含む経営努力でこの価格を実現しているように思います。

ただし、この価格帯で商売をする場合はいろいろ制約があります。低価格なメニューは価値を付けやすいのですが、薄利多売方式でしか成立しません。損益分岐点が上がるため、たくさんのお客様にご来店いただかなくてはなりません。成立する条件ですが、まずはアクセスのいい立地と看板。そして、ピークタイムだけでなくアイドルタイムも営業する為の長い利用時間。さらに高回転を生み出す早い提供スピードとそれを支える厨房器具。また、繁華性の高い立地で、客席数も多く欲しいのでどうしても利用料相場が上がりがちです。
そこでおススメしたいのがもう少し上の価格帯。1,000円前後です。間借り業界ではこの価格帯で勝負する方が多いです。

まずは間借りカレーの世界をのぞいて見ましょう。東京を代表する間借りカレーの「ケニックカレー」

無水キーマカレー1,000円、パクチースペシャル1,300円

あの人気テレビ番組でも大絶賛!シェアレストランのパイオニア「ケニックカレー」

大阪の間借り人気店、「ナーガカレー」

本日のカレー850円、ナーガプレート1,000円

間借り飲食店 出店事例 間借りの本場大阪の先駆け!レジェンド店『ナーガカリー』

間借りで快進撃の「カリガリカレー」

秋葉盛り1,000円

チェーン展開構想中。あの人気カレー店「秋葉原カリガリ」が新宿にオープン!

他にも、間借り夫婦のスパイス125、エピタフカレー、カリーダイス、裏サバスカレー、ガネック、スパイスハット、ジェイジェイスパイスラウンド、宇宙カレー、スパイスカレーOBA、平日昼だけ、グリーンカレーめぇ、横浜のシャリランカレー、大阪でも谷口カレー、ヤドカリー、スリランカごはんハルカリなどなど上げればキリがありませんが、800-1,200円の価格帯が主流のようです。

カレー以外の業種を見てみましょう。

間借り芸人の「銀座昊はぐれ雲」

坦々麺950円

間借り飲食店 出店事例「間借り芸人」お笑い芸人の〇〇さんが間借りレストランに挑戦!?

間借り界初の汁なし坦々麺専門店「坦坦坦」

汁無し坦々麺1000円
https://tantantan.love/company.php
税込1,000円丁度にするとお釣りの受け渡しが少なく、間借りワンオペに良さそうです。銀行での両替代金もバカになりませんからねw

赤坂にくじるやの肉吸い定食1,000円、とら食堂のミールス1,200円、つけ麺吉岡のラーメン800円特製1,000円、鬼ビーフのローストビーフ丼S880円M1,280円、恵比寿のアイスパスタ1,000円、マリデリのブッダボウル1000円、行列かき氷Ryanのいちじくチーズはちみつ950円、バーガーレボリューションのハンバーガー1,300円などなど、カレー以外の業種でもこの価格帯で勝負する方が主流のようです。

間借りはリスクが低いので、思い切ったこだわりのメニューを出しやすい傾向があります。ランチで1,000円を頂く間借り店は、そんなこだわりを武器に価値を売る店が多いですね。一方で間借り店はどうしても看板やアクセス面でのアドバンテージが少ないので、高付加価値型で訴求せざるを得ない事情もありそうです。

これからシェアレストランを利用して、間借り開業をしようとお考えの方は、その辺も考慮して内見の申込をしてみてはいかがでしょうか?間借り業界は、皆さんのチャレンジをお待ちしておりますよ!


■軒先レストラン
軒先レストランとは、飲食店の使われていない時間を間借りできるサービスです。
これから飲食店をはじめたい開業希望者が、既存の飲食店の空き時間を利用して開業できる間借りレストラン(シェアレストラン)サービス。
飲食店を貸出たい方も登録して貸出することもできます。
軒先レストラン公式HP:https://business.nokisaki.com/cp/restaurant