間借り飲食店で新たな挑戦!?「有頂天うどん」が仕掛ける軒先弁当とは?

0
124

「いらっしゃいませ~」

東京淡路町のオフィス街の食堂。お昼には店頭に多くの会社員がお弁当を求めて列をなしています。笑顔のお姉さんに言われるがまま、購入したチキン南蛮弁当には「有頂天うどん」のロゴ。出所不明のゲリラ弁当とは少し様子が違います。
改めて看板を見上げると食堂の文字。 そう、ここが「有頂天うどん」が仕掛ける「軒先弁当」です! 軒先レストランの仕組みを活かしたサテライトモデルです。
晴れた公園で食べる手作り500円ランチは格別!
カラっと揚がったチキンがたまりません。
本店のうどんも食べたくなりました。。。ということで!
その足で徒歩12分。いてもたってもいられず神保町「有頂天うどん」さんへ。

そそるラインナップ。店内にお弁当や惣菜がずらりと並ぶ風景や大和の製麺機が故郷の高松を思い起こさせます。

セルフにも関わらず、提供直前に加熱調理をする手の込んだ坦々うどんをいただきました。 店内で製麺された出来立て、上品でなめらかなつるつる食感の麺に、後味のいいぐびぐび飲める坦坦スープがベストマッチ。ゴロゴロはいったひき肉でうまみアップ!
カラっと揚がったチキンがたまりません(本日二回目)。
お弁当食べた後ですがペロリと完食してしまいました。 と、ここでたまたま(本当にたまたま)、オーナーに遭遇しました!
大手弁当チェーンで要職を務められた小松オーナー(左)
大手弁当チェーンで要職を務められた小松オーナーにインタビューを試みました。

いきなりですが、軒先弁当の調子はいかがですか?

おかげさまで売上が増加中です。販売員一人で出来ますし、投資が要らない。近くにもう一店舗探しています。

「よかったですーー、がんばって探します!ちなみに実店舗があるのに、なぜ軒先弁当を開始したのですか?」

販路を広げたいと思いました。店頭で弁当を始めたが、反応弱かったもので、テイクアウト需要の強い立地を探していました

「シェアレストランで弁当販売する注意事項はありますか?」

夜の店の営業案内を聞かれますので、キッチリご案内出来るように努めております。 迷惑はかけたくないですし、オーナーにも喜んでいただきたい。逆にロゴを見て、有頂天うどんを聞かれる事もありますので、ご案内することもあります。

「いい関係ですね、今後の展開計画なども教えていただけますか?」

まずは、ここ神保町の有頂天うどんをキーステーションにサテライトでの軒先弁当をもう少し増やしていきます。経営効率を上げて、その後はこのモデルごと他のエリアでの展開を考えています!

インタビューを終えて

オーナーには忙しい中、急所ご対応していただき恐縮することしきりでしたが、本業のうどんが美味しいのはもちろんのこと、経験を活かした弁当販売は味や設計・運営などさすがの出来栄えでした。有頂天うどんさんの間借りと実店舗のハイブリット計画、今後もシェアレストランマガジンと軒先レストランは応援致します!
有頂天うどんサテライト弁当店
有頂天うどん:https://uchouten.shop/

■軒先レストラン
軒先レストランとは、飲食店の使われていない時間を間借りできるサービスです。
これから飲食店をはじめたい開業希望者が、既存の飲食店の空き時間を利用して開業できる間借りレストラン(シェアレストラン)サービス。
飲食店を貸出たい方も登録して貸出することもできます。
軒先レストラン公式HP:https://business.nokisaki.com/cp/restaurant
■最新の記事はこちらから