焼きカレーが絶品!人気洋食店がシェアレストランで復活。「遊食屋さん カッチン」

641

街一番といわれるほどの昔ながらの洋食の名店が閉店!地元のファンの方は大変なショックを受けたと思いますが、ランチ限定でバーをシェアレストランする形で復活したのが、神奈川県藤沢市、藤沢駅至近の「遊食屋さん カッチン」です。復活後の店舗は詳細な場所と営業形態を知っている方でないとたどりつけないという噂の「遊食屋さん カッチン」をご紹介します。

街一番美味しいと話題だった人気洋食店「遊食亭KATCHEN(カッチン)」

「遊食屋さん カッチン」は、シェアレストランでランチ限定営業をしている焼きカレーが人気の洋食店。2010年まで、地元藤沢市では一番美味しい洋食屋と言われることも多かった「遊食亭KATCHEN(カッチン)」として自店舗営業していたマスターの営むお店です。店名は、マスターのあだ名とKITCHENをかけたものなのだとか。
当時は藤沢駅の南口から徒歩数分の雑居ビルの2階にある昭和スタイルの昔懐かしい落ち着く雰囲気の街の洋食店で、席は全てテーブル席で16席程。マスター一人で営業するスタイルと、イチオシのメニューはオリジナルのカレーという点は現在の「遊食屋さん カッチン」と変わらない共通点です。

「遊食亭KATCHEN(カッチン)」の当時は11時30分~23時までのフルタイム営業を行っており、カレーの他、半熟卵が絶品のオムライス、オムハヤシ、オムカレーなどを中心とした多彩な洋食メニューをいただく事ができる、常連さんを中心に地元の方に人気を博していた名店でした。
しかし惜しまれながら2010年に閉店を迎えます。その後、マスターの親族の方が経営されているというバーをシェアレストランして始められたのが、今回ご紹介する「遊食屋さん カッチン」なのです。

バーをシェアレストランして再スタートした「遊食屋さん カッチン」

以前営業されていた「遊食亭KATCHEN(カッチン)」とほぼ変わらない場所、徒歩にして数分の距離に移転。JR藤沢駅から南口から徒歩数分の雑居ビル2階にある、「ソレラ(Sorella)」というバーをシェアレストランし再スタートした「遊食屋さん カッチン」。11:00~15:00のランチ限定営業となっています。

営業している日はビルの1階に「遊食屋さん カッチン」の表示と、本日のランチメニューの書かれている黒板の看板が出ています。不定休のため、この看板が出されていない日は営業していないということになりますのでご注意を!必ず看板を確認してからビルを上がりましょう。
1階の看板を見て階段またはエレベーターで3階にあがっても、営業していないと勘違いして帰ってしまう方もいらっしゃるようです。ビルの3階にはバー店舗が2つあり、現在までは特に「遊食屋さん カッチン」という表示が出されていることがなく、扉の中の様子がうかがえないため、戸惑われる方も多いと思いますが、階下に看板が出ていれば営業をしているので臆せず、「ソレラ(Sorella)」と書いてある扉のほうを開けて入店してみてくださいね。

店内はバー「ソレラ(Sorella)」のため、小さいテーブル、ソファーやカラオケのモニターはそのままですが、6人が着席できるソファーと、2名がかけられる席が複数あり、十数名が着席できる規模。BGMは適度な大きさで流れています。バーにしては明るく、豪華な雰囲気の内装でもあるので、大き目の白いソファーでゆっくりと落ち着いて食事をとることができる空間になっています。

コストパフォーマンスが高いランチセットメニュー

「遊食屋さん カッチン」のランチメニューをご紹介します。(一例、変更の可能性あり)

  • ポークカレー 600円
  • 焼きカレー 850円
  • ハンバーグと目玉焼きカレー 900円
  • ステーキカレー 900円
  • ハンバーグと玉子のチーズオーブン焼き 900円

全てのメニューにサラダと、ドリンクが付くコストパフォーマンスの高さ!大盛りは+200円でお願いすることも可能です。状況によりメニューには書かれていても、売り切れてしまうメニューもよくあるようです。

先に提供されるサラダは、盛り付けや彩りも美しく、手づくりドレッシングで美味しくいただけます。またドリンクは下記から選ぶことができます。(基本的には全てアイスドリンクでホットドリンクはなし。メニューは下記から4種類ほど選べる場合が多く、変更の可能性あり)

  • アイスコーヒー
  • ウーロン茶
  • オレンジジュース(ブラッドオレンジ)
  • グレープフルーツジュース
  • マンゴージュース
  • アセロラ/カルピス
  • ジンジャーエール

旧店舗時代からの逸品!「焼きカレー」と「ポークカレー」

こだわりのカレーは、玉ねぎを始めとした野菜をあめ色になるまで炒め、1週間じっくり煮込んで仕込む「遊食亭KATCHEN(カッチン)」時代から人気の濃厚な秘伝のカレー。企業秘密の部分も多いそうです。
ピリッとしたスパイスの辛みは感じますが、食べている間は甘すぎず、辛すぎず丁度よく食べられるので、辛いものが苦手な方もトライしやすいカレーです。しかも最後には爽快な辛みがしっかり口に残ります。見た目にはカレーの色が大変濃く、ソースも濃厚なので、こだわってつくられているなという印象があるカレーです。

ポークカレーには、ゴロゴロとした厚みのあるポークが贅沢に入っていますが、このポークも大変柔らかく煮込まれた逸品。普通のポークカレーの常識を覆す量のポークが入っているかもしれません!価格も600円と大変リーズナブルなため、純粋にこちらのお店のオリジナルカレーの味わいを感じられたい方は、ポークカレーがおすすめです。
またオーブンでしっかり焼き上げる「焼きカレー」は「遊食屋さん カッチン」を訪れたら是非注文してみたい看板メニューとなっている一品。耐熱皿にライスが盛られ、その上に豚バラ肉、カレールー、卵、チーズがたっぷりかかっています。提供されるときには焼きたてのため、グラグラ、アツアツの状態です。耐熱皿の熱さもあり、最後までアツアツでドリアのように食べることができる点も人気の秘密。やけどをしないように注意しながら時間をかけて味わいたいカレーです!ライスの量はそれほど多くはなさそうですが、濃厚でどっしりとした食感に、満腹感、満足感が高いという方が多いのではないでしょうか。

今後は「遊食亭KATCHEN(カッチン)」時代の人気メニュー復活を検討中

「遊食亭KATCHEN(カッチン)」時代からお店を訪れている地元のファンの方は、人気メニューだった「オムライス」や「オムカレー」、「オムハヤシ」などの復活を希望される方も多くいらっしゃるようで、今後はオムライスなどの提供も検討されているとのこと。しかし現状のシェアレストランの業態ではなかなか全てのメニューを用意することが難しいそうなので、自店舗の復活が望まれるところです。

現在提供されている「焼きカレー」と「ポークカレー」だけでも食べに訪れる価値のある「遊食屋さん カッチン」。実際にお店を訪れると対応いただけるマスターは、大変物腰が柔らかい事でも有名な名物マスター。そして看板が出ている時しか営業していないというレアな営業形態を持つお店でもあります。マスターお一人での営業ですので、注文から提供されるまでは少し時間がかかりますが、時間に余裕がある時に是非訪れていただきたい名店です。

店舗情報

  • 店名:遊食屋さん カッチン
  • 住所:神奈川県藤沢市鵠沼橘1丁目17−3 菊地第二ビル3F
  • オーナー店舗:ソレラ(Sorella) バー・スナック
  • 営業時間:11:00~15:00
  • 定休日:不定休(※ビル1階に看板が出ている時のみの営業)
  • 電話番号:0466-23-3741

※写真はすべてイメージです