間借りチェーンを志す!銀座昊岩本さんインタビュー

1148
「銀座昊」岩本さん

FIGARO Japon TOKYO Best Restaurant 10 シェフが手掛ける担々麺ブランド「銀座 昊」岩本さんインタビュー

銀座キャンドルスタッフの皆さま(1950年頃)

‐ アメリカから帰国したばかりでお疲れのところすいません。

「ラスベガスの飲食店の立ち上げに行っていたのですが、併せてカリフォルニア近辺の80店くらいの外食店調査を行いました。最新のレストランやゴーストレストランなどを目の当たりにしてきました。日本もアメリカ同様に飲食の構造が変わっていくでしょうね。」

「銀座昊」岩本さん

‐ では早速、岩本さんの飲食とのかかわりを教えて下さい

「焼肉屋でのアルバイトがスタートですが、そこでは調理師免許を取りました。その後、現場監督や不動産に関わり、外食とは離れていました。しかし当時、急増していた焼肉の牛角を目の当たりにして、ベンチャーリンクの門を叩きました。銀のさらを担当していましたが、収益改善でトップになったこともありますよ。」

1.老舗の名店はスナックになっていた

‐ ご両親はスナックを経営されていたのですか?

「ええ、そのスナックを閉める話が出たときに、祖母からその場所は昔、レストランだったという話を聞きました。そこだけでなく、コアビルとみゆき通りと銀座では3店舗を展開していたそうです。なんでそんな一等地でと思い、よくよく聞いてみると、そのレストランは三島由紀夫も来店するような名店で、チキンバスケットの発祥の店キャンドルだったのです。」

銀座キャンドルみゆき通り本店(1950年頃)
チキンバスケット発祥の店

2.老舗復活

‐ そこで、老舗の復活を手掛けたわけですね?

「はい、2003年銀座キャンドルを復活させました。おかげさまでテレビ・雑誌でも大きく取り上げていただき、自由が丘、センター南、丸ビル、ららぽーと横浜など順調に5店舗まで拡大致しました。」

復活したキャンドル(2009年頃)
人気メニューの牡蠣のコキール(グラタン)

‐ 順調ですね。

「まあ、そこまではよかったのですが、洋食の展開は職人の育成が大変なのと、お恥ずかしい話、信頼している方に騙されたこともあり、銀座の店を残して、会社を清算せざるを得なくなりました。」

「そこで、シンガポールに会社を作り、シンガポールでキャンドルを開店しようとしましたが、日本の‘洋食‘という業態が海外ではうまく伝わらず、もっとわかりやすいラーメンの研究やカフェのプロデュースを行っていました。」

「そんな中、残った銀座店の入居しているビルが再開発でなくなることになりましたので、帰国して店の移転を進めました。それが、サロン1950というキャンドルのメニューを利用した高級業態です。そこではランチの時間帯に二毛作で担々麵昊を始めましたのです。」

間借り担々麵銀座昊、店内の様子(2015年頃)

3.間借り担々麵にかける

‐ なぜ、担々麵だったのですか?

「なによりもまずは自分が好きだからです(笑)。いろいろ食べ歩いてはまってしまったのですね。もちろん、洋食と比較して、展開可能な業種ということもあります。オペレーションがシンプルでその日に入ったスタッフが戦力になります。2口コンロがあれば、美味しいものが出来ますし、ロスもありません。一方の洋食は職人を育てないと展開できません。美味しいものを作るには手間がかかる半面、単価もとれませんし、ロスも大きいです。」

不動前にお弟子さんの担々麵店がオープン
担々麵

‐ 銀座昊のこだわりを教えていただけますか?

「食べ歩いた結論ですが、一般的な真っ赤な色の担々麵は私がめざすものと違うと思い、胡麻をふんだんに使用したクリーミーな担々麵にしました。濃厚なゴマの旨味が他では味わえないと思います。その分、原価は高いですよ(笑)。」

 ‐ のれん分けの間借り店「銀座 昊はぐれ雲」が不動前に開店致しました。

のれん分けの間借り店「銀座 昊はぐれ雲」

「銀座 昊はのれん分けですが、開業希望者がやりたい形に併せて、PRするのが特徴です。担々麵以外の新規メニューも店主に合わせて考えていますよ。ミートソーバ(洋食版まぜそば)や辛いラーメン、鶏がらスープのラーメン、とんこつラーメンなんかも研究しています。」

「この業態は間借りに最適です。味が本格派で吸引力があるのに、オペレーションが簡素化されていて副業でも開業可能です。昼でも夜でも集客出来る点や食中毒リスクが低い点なども間借りスタイルとのマッチングがいいですね。」

「居酒屋、バー、ガールズバーの間借りや二毛作などなんでも相談して下さい。もちろん、銀座キャンドルブランドでの催事出店も対応可能ですよ!」

現在、キャンドルの経験にシンガポールでの経験を合わせた「ゴーストカレー業態」(宅配専門店)を水面下で検証中とのこと。

名店の御子息というより、飾らない気さくな兄貴タイプの岩本さんですので、間借りですぐに出店したい方、味や集客に悩んでいる方はまずは相談してみてはいかがでしょうか?


■店舗情報
店名:担々麺専門店 銀座 昊
住所:東京都 中央区銀座6-2-10合同ビルB1F SALON1950内
お問い合わせ:stasia01@icloud.com
公式HP:https://ginza-ozora.therestaurant.jp/
SNS:TwitterFacebook


■軒先レストラン
軒先レストランとは、飲食店の使われていない時間を間借りできるサービスです。
これから飲食店をはじめたい開業希望者が、既存の飲食店の空き時間を利用して開業できる間借りレストラン(シェアレストラン)サービス。
飲食店を貸出たい方も登録して貸出することもできます。
軒先レストラン公式HP:https://business.nokisaki.com/cp/restaurant