昭和30年代創業!先代の味「小岩井」を間借りで再現!ロメスパ専門店 ボーノボーノが神田に新規オープン!

541
「ロメスパ」という日本独自のジャンルがあります。路面のスパゲティの略ですが、「うまい、やすい、はやい」の三拍子が揃った人気のあつあつスパゲティです。個店では有楽町の「ジャポネ」や大手町の「リトル小岩井」、チェーン店では「バンチョ」や「バルボア」などが有名ですが、茹で置きスパゲッティを注文ごとに鉄鍋で炒めてから提供する点や、盛りがよくお腹いっぱいになる点、500円からとお求めやすい点など多くの共通点があります。 さて、今や定番と化した「ロメスパ」の味やスタイルを開発したのは一体、誰なのでしょうか?イタリア人でないことは間違いなさそうです。本日はロメスパ業態を開発した方(!?)を父に持つシンエイプラウド株式会社専務取締役の武藤誠晃さんと誠英さん親子にお話しを伺いに来ました。

「お忙しい中、お時間を頂戴しありがとうございます。早速ですが、もともとはどういった経緯でロメスパは誕生したのでしょうか?」

本業は乳業の卸販売でした。小岩井製の牛乳などを大手町近辺の多くのビルに納入しておりました。昭和30年代は日本も高度経済成長期で誰もが忙しい時期でした。そんな大手町の会社員用に早くて、美味しくて量が多いのに、安い。そんなファストフードを提供できないかと始めたのが「焼きスパゲティ」でした。今では「ロメスパ」などと呼ばれています。

「そうだったのですね!」

ええ、本業の乳業とはあまり関係がないのですが、先代がお客様のために出来ることを考えた結果だったと思います。店名は「小岩井」。大手町ビルに開業して相当の人気だったそうです。早く提供するために、湯で置きにして、美味しくするために強火で焼くという今のスタイルを試行錯誤して完成させたようです。

「ところが人気の中、閉店致します」

多くの方々に愛された「小岩井」ですが、当時は本業の乳業卸販売があまりに忙しくなり、「小岩井」は泣く泣く閉店する事となりました。その跡地に入居したのが「リトル小岩井」さんです。その「リトル小岩井」にいらっしゃった方が独立して誕生したのが「ジャポネ」さん。その二店舗をお手本に開発されたのが、「バンチョ」さんや「バルボア」さんです。

「まさに元祖中の元祖ですね!」

先代が考案して以来、「ロメスパ」は今や会社員や学生達の定番となりました。我々には「事業は社会貢献」という考え方がございます。これからもそんな考え方で事業を進めていきたいと考えております。

「そして、40年以上振りに復活しました。」

ボーノボーノ大手町は2015年12月OPEN。先代の味を復活させました。 今の店舗のある場所は大手町の1階のいい場所ですが、ずっと倉庫でした。いつかは先代の味を再現したいなと思っておりましたが、この場所でお客様が求めているものは何だろうと考えた時に、先代と同じ結論である「ロメスパ」にたどり着きました。周辺の飲食店や会社員を見て聞いて調査して追及した結果です。オリジナルレシピで他の業態も検討しましたが、お客様が求めているもの、喜ぶものとマッチしていないと自己満足で終わります。好きだからやるのでは社会貢献ではない。求められている事に応える事よってみんなが幸せになり、利益もいただけるのが商売と考えました。

「順調なスタートですね!」

いえいえ、先代にも何度も聞いて試作しましたがいっぱい失敗しました。 店舗が開業しても目の前のビルの解体時期なども重なり、半年くらい試行錯誤しました。ただ、地道に活動していると、遠くの方から来るお客様もいて、うまくいくと確信していました。ロメスパは作りおきができて提供が早い。強い火で炒めて、香ばしくて美味しい。オペレーションを工夫すれば、価格も抑えることが出来る。来店いただいたお客様には満足いただき、徐々に口コミで広がっていきました。

「新メニューにも挑戦されています」

はい、「あんかけ」は皿うどんに、「焼きスパ」は焼きそばからヒントをいただいています。新しいバリエーションを追加して、常連のお客様の声を応えるのも社会貢献と思っております。

「先代の味にプラスして、新規のアイデアも実践しているのが、人気の秘訣ですね。」

「そして、神田に開業されたのはなぜですか?」

ありがたいことに大手町の店舗がパンク状態でして、近いところで二店舗目を探していました。 我々の業態は昼が強く夜が弱いので、より生産性高く運営できる方法を考えていたところ、「軒先レストラン」を知りました。我々にとっても間借りは一つのチャレンジですが、ご紹介いただいた店舗のオーナーと私にたまたま共通の友人もいたこともあり盛り上がり、即決致しました。

「神田に間借り開業してみていかがですか?」

投資が少ないので、リスクが少ないですね。神田のボーノボーノファンからは近くに店が出来て嬉しいというお言葉をいただいております。 大変な点は看板の出し入れなど物の移動です。それと店舗オーナーと意見相違があった場合はお互いに意見交換を率直にいいあうのが重要と思いました。

「今後の展開はどのようにお考えですか?」

間借り開業して商業施設からも出店要請がございました。
お客様の要望があれば10店舗程度は展開したいですね!
出汁が決めてのジャポネスタ!
「ナチュナルな味を志向して出汁を使用しています」
熱々のナポリタンがなんと500円!
タバスコと粉チーズをたっぷりとかけていただくのが、ボーノボーノ流
食券機持ち込みで効率UP!
店頭や周辺施設でまくチラシも集客には重要。
11時OPENですが、朝8時から看板をセッティングしています。 「通行量が多いので、通勤する会社員が見ていくんですよ。」
神田の街に誕生した待望のロメスパ「ボーノボーノ」
元祖の本物の味を是非、皆さまもお召し上がり下さい!
■店舗情報
店舗名:ボーノボーノ神田西口店
住 所:千代田区内神田3-12-2 萬創神田ビル B1F まるどり内
オープン日:7月2日
営業時間:11時~15時 定休日:土日祝
店 主:シンエイプラウド株式会社 武藤誠晃

■軒先レストラン
軒先レストランとは、飲食店の使われていない時間を間借りできるサービスです。
これから飲食店をはじめたい開業希望者が、既存の飲食店の空き時間を利用して開業できる間借りレストラン(シェアレストラン)サービス。
飲食店を貸出たい方も登録して貸出することもできます。
軒先レストラン公式HP:https://business.nokisaki.com/cp/restaurant
■最新の記事はこちら