韓国宮廷料理「幻の冷麺」を間借りで再現!!

0
129

韓国料理店のひしめく赤坂エリアにまた新たに、韓国料理店が開店致しました。

それがなんと日本人はおろか、本場の韓国人ですらなかなか食べる事の出来ない、「幻の冷麺」を提供する専門店と聞き、いてもたってもいられず伺ってきましまた。

素朴な看板。

1500円、1800円、2000円と謎の数字が気になります。

店内で聞いてみました。この数字はメニューで、サイズではなく具材に併せて、価格を変えているそうです。本日は順番に「肉」、「貝」、「イカ」。

この店のベースとなっているのは、韓国のとある村にあった人気の宮廷料理店。 その店の名物は伝統的な冷麺。全国からお客様がいらっしゃる大繁盛店だったそうだ。店主の川崎さんの叔母さんが経営をしていたが、後継者難で閉店したという。そんな人気店のレシピを引き継いでいる冷麺を食べられるそうだ。 少しキッチンを覗かせてもらいました。
茹で上がった特注の冷麺を素早く冷水で締めます。
すると不思議な事にキラキラと輝きだします!
企業秘密のヤンニョム、一口いただきましたが、ものすごい旨味で驚きました。
企業秘密のヤンニョムを素早く、麺一本一本に絡ませる!
出汁をかけて、トッピングをすれば出来上がり!
まずは急須のスープをそのままいただきます。酸味と甘み、肉の旨味の出汁スープです。
これだけで充分に美味しくゴクゴク飲みたくなりますが、、
旨味と辛味の強いヤンニョムと混ぜ合わせると爽やかな旨辛味に変化します。出汁がよく絡んだ麺をトッピングもろとも混ぜ合わせてガブり!ものすごいコシです。ソウルで頂いた本場冷麺よりも強いコシ!
追い出汁をかけると、より美味い! 韓国の冷麺には平壌式(出汁冷麺)と咸興式(混ぜ冷麺)の二種類があるそうですが、今回いただいたものはその両方の特徴を併せ持っています。 はー美味しかった。さて、店主の川崎さんにいろいろと聞いてみましょう!
冷麺の話になると熱弁が止まらない川崎さん。

「ヤンニョムという赤いタレの材料は何ですか?」

「企業秘密ですが、出来合いの調味料は使用せずに天然素材からだけで作っています。叔母さんから引き継いだ代々のレシピです。」

「辛いんですが、スルスル食べられちゃいます。」

私の冷麺は後味のいい健康的な無化調の冷麺です。ヤンニョムのまぜ麺を出汁で食べるというスタイルは韓国でもみんな忘れています。この料理を遠い日本で食べられるのは幸せな事なのですよ。

「麺のコシがものすごく強いですね!」

麺は伝統製法のオリジナルレシピで特別に作ってもらっています。コシもそうですが、非常に栄養価の高い麺です。

「また、具材もフレッシュで美味しいです。」

冷麺の素材は新鮮でないとダメです。今は北海道の大根がいいですね、季節ごとに美味しい産地を厳選します。そうそう、私の故郷では冷麺の汁は残したらダメです。美味しくないという意味にとられ、失礼にあたります。
はっ!!よかった、飲み干していました。。 川崎さんは会社員として働きながらも、週末は韓国宮廷料理を教える教室を開催していました。生徒さんからも評判の冷麺で、間借り店舗を開業するに至ったそうです。

「素朴な看板ですよね?」

本当は看板を全く掲げるつもりがなかったのです。パートさんには反対されているのですが、まずは口コミだけで1ケ月間勝負をしたいなと思いました。韓国の叔母さんは口コミだけで商売していたのですが、全国からお客様が来ていました。今はネット社会だけど叔母さんのように原始的な口コミでいきたいと思います。この看板をパートさんが見たら気絶するかもしれませんね。

「店も綺麗に使っていますね!」

はい、こんな綺麗で素敵な店で商売させていただきオーナーには感謝しています。協力しあって楽しくやりたいと思います。 昨日はアルコールで、床から階段まで全部、手拭きをしました。みんな自分のことを綺麗好きと信じてくれていますので、裏切りたくないです。 日本でどの程度まで私の冷麺が受けるのかはわかりませんが、まずは間借りで実績を作りたいです。
カメラを向けてもなかなかポーズを作ってくれませんが、逆に「料理が主人公!」と言い切る川崎さんの職人魂を感じました。冷麺に対しての、料理に対しての、「熱」が物凄くて、私などは終始タジタジでした。そんな川崎さんの幻の冷麺、是非召し上がってみて下さい!
■店舗情報
店名:冷麺-栄SAKAE
営業時間:11:00~15:00 無休
住所:東京都港区赤坂3‐20‐9 赤坂千切屋ビル B1F ごほうび和食 カケル内
SNS:TwitterInstagram
■軒先レストラン
軒先レストランとは、飲食店の使われていない時間を間借りできるサービスです。
これから飲食店をはじめたい開業希望者が、既存の飲食店の空き時間を利用して開業できる間借りレストラン(シェアレストラン)サービス。
飲食店を貸出たい方も登録して貸出することもできます。
軒先レストラン公式HP:https://business.nokisaki.com/cp/restaurant
■最新の記事はこち