教えて!シェアレストランってなに?飲食店のNEWスタイル

1486

「自分のお店を持ちたい、だけど資金はないし自信もない」「店を使用していない時間場所を有効に活用することできないかな?
そんな考えをお持ちの方におすすめしたいのがシェアレストランです。わかりやすく言うと間借り店舗・店舗シェアのことです。
ここではシェアレストランとはいったいどんなものなのか、メリット・デメリットそしてどんなふうに店舗シェアの相手を探せばいいのかをご紹介していきます。

シェアレストランって?

シェアレストランとは間借り飲食店・店舗シェア飲食店などのことを言います。言葉としてはまだあまり浸透しておりませんが当サイトではレストランシェアと表現していきます。

シェアレストランの一般的なスタイルはすでに開業している飲食店の定休日やクローズの時間帯など、お店が営業していない時間帯にそのお店のスペースを借りて別のお店として営業をしていくものです。
例えば元であるお店が夜のみ営業している場合、昼のクローズの時間帯に間借りをしシェアレストランをします。または元であるお店の定休日のみ間借りをして週1回だけ営業するお店としてシェアレストランをするといったスタイルもあります。
シェアレストランはお店のあいている時間を有効に使用することで間貸しするお店は使用料などの収益を得ることができ、間借りするほうは開業資金を抑え自分の力を試すことができます。

このようにシェアレストランはまさに現代のシェア時代にピッタリなビジネススタイルと言えます。
ただビジネスにはメリットもあればデメリットもつきものです。次の項目ではシェアレストランのメリットとデメリットを間借りする人と間貸しする人のそれぞれについてをご紹介していきますね。

お店を利用したい方(間借り)のメリットとデメリットって?

間借りしたい方の最大のメリットはお店を開業する時にかかる初期費用と時間を抑えられることです。
開業するときには物件の契約金はもちろん、調理器具や食器などの物品・店内に不備があれば内装工事なども必要となり時間も費用もかかります。
その点シェアレストランの場合、契約の内容にもよりますが個人で店舗を開業するよりも契約金も少なく済み、内装工事の必要もなく調理器具や食器もほとんどが元あるお店のものを借りることが可能です。

また将来自分のお店を持ちたい方は、実際にお店を運営することにより飲食店という仕事が本当に自分にあっているのか見つめなおすことができると共に、開業への自信に繋がっていきます。
さらに飲食店のノウハウもしっかりと身につくので自分自身がスキルアップすることができます。

しかし間借りしたい方にもやはり多少のデメリットはつきものです。シェアレストランで忘れてはいけないことの1つに自分のお店を開いたとは言え、元あるお店の場所を借りているということです。
例えば冷蔵庫は一緒に使用することになるので食材などを保管するスペースに限りがでます。またどんなに仕事が終わり疲れていても、しっかりとキレイに後片付けをしてバトンタッチしなくてはいけません。

さらに店舗前には宣伝として大きな看板をだせない場合もあります。
ただしこのように気になるデメリットも考え方によっては、食材の保管スペースはどのくらいあれば適切なのかがわかるようになるし、大きな看板がだせないぶん希少価値や話題性を得ることができます。
このようにデメリットをメリットへと変化させることができるのもシェアレストランの良いところと言えるでしょう。

お店を貸したい方(間貸しする)のメリットとデメリットって?

間貸ししたい方の大きなメリットは賃貸であれば家賃の負担が軽くなること。オーナーまたは大家さんであれば使用料などで収益を得ることができることです。
ここで1つ大切なことは、賃貸で開業している店舗はシェアレストランをする際民法612条より必ず大家さんの承諾を得る必要があります。
もし承諾を得ず勝手にシェアレストランをすると法律違反になり契約解除となる可能性もでてくるので注意して下さいね。

デメリットを挙げるとすればシェアレストランは店舗をまるまる貸すことになるので物品の破損が生じる可能性があります。
またキレイに使用してくれなかったり、後片付けがいい加減だったりする場合やお店の雰囲気が元のお店のイメージとかけ離れすぎると今まできていたお客様が来づらくなるといった場合もまったくないとは言えません。

そういったデメリットをなくすためにも間借りする方も間貸しする方もしっかりと話し合いルールを決め、守りシェアレストランすることが最も大切なことと言えます。
ではいったいシェアレストランを希望する間借りしたい方たちとはいったいどういった方が多いのかを次にお話していきます。

間借り飲食店をしている人たちってどんな人?

間借り店舗でシェアレストランをしている人たちの多くは、いずれは自分の店舗をしっかりと持って開業したいと言う方たちです。
中には副業として飲食店を経営してみたいと始めた方が何年か後に自分のお店を開業したというパターンもあります。

シェアレストランは開業資金をかなり抑えることができるため、現在飲食店で働き独立を考えている方がはじめの一歩として飲食店経営のノウハウを学ぶために始めています。
もちろんそこには自分の力を試すといったことも大きな目的の1つです。

また週1営業の店としてシェアレストランをしている人たちの中には普段はまったく違う業種の仕事をし、副業として飲食店を経営するといったスタイルの方も多く見られます。
この場合カフェやバーなどのスタイルが多く「人におもてなしをすることが好きでやってみたかった」「違う自分になってみたい」「今は飲食とは違う職業だが学生のころから店を持つのが夢だった」など理由はさまざまです。
シェアレストランはそんな自分の夢を叶えたい人たちが挑戦している新しいスタイルの飲食店です。

シェアレストランはどうやって始めればいいの?

シェアレストランを始めるにはいくつかの方法がありますがここでは2つご紹介します。

1つはシェアレストランを紹介しているサイトです。飲食店向けの店舗シェアをいくつも紹介しているので簡単に探すことができます。また信用という部分でも安心ができる上、サポート体制ができているサイトもあるのでシェアレストランを始めるには一番おすすめです。
もちろん店舗を貸したい方に対してもしっかりとサポートをしているのでまさに間借りする方も間貸ししたい方も利用できるサイトです。

次にご紹介するのは、自分がよく行く飲食店に交渉してみると言った方法です。お互いの信頼関係ができているのが前提ですが、そこの経営者が承諾してくれればスムーズに話が進みます。
また逆のパターンで店舗を貸したいと思っている経営者は、お客様の中で店をやってみたいと思っている方に話を持ちかけてみるのも1つの方法です。
ただこの場合間借りする方も間貸しする方も、店舗シェアに対して詳しくなければトラブルのもととなるのでそこはしっかりと調べてお互いのルールを決め実行することが大切です。

夢を叶える第一歩としてレストランシェアを始めてみよう

ひと昔前は飲食店を開業するなんてお金もかかるし成功するかわからない借金だけを抱えて危険な賭けだと言われる時代もありました。
しかし今はシェア時代と言われています。お店を開業したい人そしてお店の空いている時間を有効に使いたい人そんな双方が同時に利益を得ることができるのがレストランシェアです。
夢を叶える第一歩として、そして夢のお手伝いをできる人としてレストランシェアを始めてみませんか?