ホーム ブログ ページ 3

【納豆もベーコンも手作り!?】手作り屋紬/つむぎが横浜反町にオープン!

手作り屋紬/つむぎが本日オープン!

無水カレーはもちろん、納豆からベーコンまで手作りしちゃうガチの自家製食堂「手作り屋紬/つむぎ」が横浜反町にオープンしました。

中華アサヒさんやハワイアンホアアロハさんといった人気の実店舗を産み出す反町ばるきどからまたもや期待の新店オープンです。

仕込工程や使用素材も飲食店の域を超えたこだわりの間借り店。
苦労した分、ちゃんと美味い料理の数々を是非一度、召し上がってみて下さい。
市販のものは全く違う味の濃いベーコンや混じりっけなしの納豆に衝撃を受けることと思います。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。
厳選素材たち
【米】宮尾農園さん 自然栽培米「ささしぐれ」
【たまご】緑の農園さん 平飼いたまご「つまんでご卵」
【野菜】野口さん 鶴ヶ峰の自然栽培野菜
【豚肉】ぶぅふぅうぅ農園さん~ホルモン剤不必要の日本初放牧豚
【のり】田庄の海苔
【マヨネーズ】「つまんでご卵」を使用した自家製
【出汁】その日削った鰹節を使用
【料理酒】純米酒 福来純 もち米四段仕込み
【みりん】三河味酢
【塩】ゲランドの塩
【醬油】井上古式醤油
【油】米油

メニュー

さかな定食
焼魚¥1,000〜1,200
煮魚¥1,500-2,000
定食にはご飯、小鉢2種、漬物、だし巻卵スープ(味噌汁orあら汁)が付きます。

なっとう定食  ¥1,200
手作り納豆を使用した定食
大豆の旨味を活かした自家製納豆です
お塩で食べていただくのがオススメです

無水カレー定食 ¥1,200
スパイスから作った力レー、マカダミアナッツ、ヨーグルト、トマトがふんだんに使用された特性のチキンカレーです。

店舗情報

店 名  手作り屋紬/つむぎ
住 所  神奈川県横浜市神奈川区反町1丁目6−6
オープン 11月1日
最寄駅  反町駅から徒歩3分
営業時間 6時~17時
定休日  無休(SNSにて告知します)
https://www.instagram.com/tsumugi.channel9/

自家製YouTubeもやってます↓ 【作ってたべよう】

https://onl.bz/8xEH5D5

【 肉を美味しく食べる方法】肉スパイスカレーガネックが中目黒に移転オープン!初日から大盛況!

肉スパイスカレーガネックが移転

スパイスでお肉を美味しく食べるカレー「ガネック」が渋谷から中目黒に移転しました。
山手通り沿い角地の人気バル「ノムネン」のリニューアルに伴うランチ部門の営業です。 店主は、牛バラ、牛すじ、ハラミなど部位に合わせた加工もお手のものの肉のプロであり、インド中を1カ月に渡り放浪研究したスパイスのプロです。
鶏や牛、豚はもちろん、馬をキーマにしたり、エゾシカをスパイスで煮込んだり、国宝豚のマンガリッツァやバッファローまでそれらが一番美味しくなるようなスパイス調理でカレーにします。 三宿、赤坂、渋谷とどこでも人気だったガネックですが、中目黒においてもオープン後、すぐに満席の大盛況! スパイスとお肉のハーモニーを是非、お楽しみください。

店舗情報

店 名  肉スパイスカレーガネック
住 所  東京都目黒区中目黒3-5-11 ノムネン内
最寄駅  中目黒駅から徒歩5分(山手通り沿い)
開店日  2022年10月31日(月)
営業時間 平日11:30-14:00・日祝10:00-14:00
定休日  水•土曜日定休※水曜日が祝日の場合は営業致します
https://www.instagram.com/ganeck1110/

メニュー

①カレーの種類 
・名物 チキンカレー 1200円
 週替わりカレー
・牛バラ煮込みカレー1300円
・2種あいがけ    1400円
(チキンカレーと週替わりハーフ&ハーフ) 全てのカレーに下記の副菜が付きます
・チャトニー
 青唐辛子の辛案味。カレーに少し付けてお召し上がりください
・カチュンバル
 インドのサラダ カレーと混ぜても美味しいです
・ガーリックアチャール
 インドの漬物
・パパド(おせんぺい)
 カレーにつけたり、細かくして振り掛けたり
・レモン
 絞ってカレーにおかけ下さい ②ご飯の種類
・ターメリック米(インド米)
・玄米(胚芽米)
・ターメリック米&玄米のハーフ&ハーフ +50円

【物価高に挑戦】「お弁当・おそうざい ふうた」が浅草橋にオープン!

本日10月27日、浅草橋駅前に「お弁当・おそうざい ふうた」がオープン致しました。

その特徴は高品質でヘルシーな手作り弁当が500円(税抜)という低価格です!

通常、低価格帯の弁当は薄利多売方式でないと成立しません。工場などで大量生産されて店頭に持ち込む為、鮮度や品質、栄養バランスに問題があるケースも散見されます。

「ふうた」の日替わり弁当は違います。

分厚い牛と豚の合い挽きハンバーグ弁当には、圧力鍋で炊いた柔らかな玄米、人参シリシリやお芋バター、お漬物など一手間も二手間もかけた凝った料理が詰め合わされます。

物価高が続く世の中ですが、「周辺会社員や住民の皆様に美味しさと健康、価格面で少しでも貢献したい」そんな彼女の思いがこもったお弁当です。

高品質・低価格の秘密

加工品は未使用、仲のいい八百屋などから材料を直仕入れしております。原体から手作りすると新鮮で美味しくなり、加工賃がかからない分原価も下がります。一方で非常に手間がかかりますが、「料理をしている時が一番落ち着く」と言う料理好き店主はそんな手間暇すら楽しんでいるようです。間借りのワンオペレーションで固定費を抑える事で高品質・低価格なお弁当を提供可能にしております。

将来の夢は「小料理屋の女将さん」という彼女の今だけ楽しめるお弁当を是非、お召し上がりください。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

メニュー

玄米と白米の日替わりお弁当をお作りしております。詳細はInstagramをご確認下さいませ。

店舗情報

店 名  お弁当・おそうざい ふうた
営業時間 7時30分~13時頃
開業日  2022年10月27日
住 所  東京都台東区浅草橋1丁目24−1 立ち呑みでんでん串内
 ※浅草橋駅西口から徒歩10秒
 ※イートイン・テイクアウトOK
https://www.instagram.com/huuta_11/

【飲んで楽しめるヴィーガン】元舞台女優が「HISUI BAR」を下北沢にオープン!

元舞台女優で振付師の店主ひすいさんが、水曜ヴィーガンバー「HISUI BAR」を10月5日下北沢にオープンしました。

従来のヴィーガンレストランのイメージを払拭した週替わりのカレーを中心に「食べて飲んでわいわい楽しめる」バーです。

コロナ渦がきっかけで健康意識が高まった店主は、ヴィーガンと出会い、その美味さにハマり老舗のヴィーガンレストランで勉強、ついにはご自分の店を水曜限定で営業することとなりました。

健康にいいだけでなく、美味しいだけでなく、飲んで楽しめるバー。
是非、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

【HISUI BAR】3つの魅力!

①ヴィーガンで飲む!

アンダルシアペッパーとハスの実、キャロットラペなど、その日のヴィーガンデリ3品+1ドリンクのおつまみセットを1500円でご用意。美味しいヴィーガンフードはお酒のアテにもいいのです。

②ヴィーガンを食べる!

食事はヴィーガンカレーを中心に+1ドリンクで2000円でご用意しました。
カレーのレパートリーはトマトココナッツやキノコなども!動物系の出汁を使用していないとは思えないコクと旨味。そんな店主の絶品ヴィーガンカレーを是非、お召し上がりください。

③ヴィーガンで盛り上がる!

ビッグタイトルのミュージカルにも出演していた店主のもとには、舞台や音楽繋がりの方も多く、ヴィーガンのみならず、エンタメの話題でも盛り上がります。楽しみながらも結果的に健康意識も高まります。

メニュー

・ごはんセット  2000円
 本日のごはん+1ドリンク
・おつまみセット 1500円
 本日の3品+エドリンク
・アルコールドリンク ALL 700
・ソフトドリンク ALL 500円
・ケーキ 単品  500円

店舗情報

店 名  HISUI BAR
開業日  10月5日
住 所  世田谷区北沢2-14-7セントラルビル2F)DUKE SALOON内
最寄駅  下北沢駅徒歩3分
営業時間 毎週水曜日営業 18時〜23時
https://twitter.com/HISUI__BAR
https://www.instagram.com/hisui__bar/

【新ご当地グルメ】仙台スープカレー専門店「ひげぼ〜や」が仙台中心部にオープン!

「仙台を詰め込んだスープカレーを届けたい」

宮城大好き!仙台スペルマン病院生まれの富谷市民である店主が
東京のスープカレー名店や北海道の飲食店での経験を活かした新しいご当地グルメ「仙台スープカレー」の店をオープン致しました!

「仙台味噌」と宮城特産品「ホヤ」を使ったほかにないスープカレーです。

ホヤの出汁が効いた12種類の野菜たっぷりスープに仙台味噌と16種類のスパイスで仕上げました。スパイスの奥に隠れた素材の味を是非ご堪能下さい。

身体に優しい栄養満点なスープですので、偏りがちなランチタイムに栄養チャージにも最適。
カレー好きな方、ホヤが好きな方、仙台や宮城県大好きという方、是非お待ちしてます。

1鍋1鍋美味しくな〜れと愛情込めて作らせて頂きます‼️

メニュー

仙台スープカレー/角煮・チキン・12種類の野菜入り  1,265円(税込み)

店舗情報

店舗名    仙台スープカレー「ひげぼ〜や」
住 所    仙台市青葉区本町2丁目16-15ツルミヤ本町ビルB1 ○いけ内
      ※勾当台公園駅出口そば、三越の向かい B1F店舗
オープン日  10月24日
営業時間   11:00〜14:00
定休日    不定休
https://www.instagram.com/hige_boya/

【ゴーストレストラン】人形町に5店舗が同時にオープン!

人形町に五つのデリバリーブランドが登場しました。 その名も
・進撃のタコライス
・生姜焼きの気持ち
・ベジポーク
・南海鶏飯デリグ
・タンパク戦隊タンパクマン ベジポークやタンパクマンなど低糖質高たんぱくなヘルシーブランドから、生姜焼きの気持ちや進撃のタコライスのようなパワーフードブランドまでいずれもリーズナブルで盛りがいいと評判の個性的な面々です。 そして、近日中に更に二つのブランドが増えると店主の春宮さんは語ります。ますます楽しみなマルチゴーストレストランの活躍をお楽しみに!

オープンした5つのブランド

進撃のタコライス

鶏むね肉を使用した、こだわりの自家製タコミート!! 甘辛の味付けでやみつきになること間違いなし! カレー味もございます。ぜひ一度ご賞味ください。

生姜焼きの気持ち

特製ダレを使用したご飯のすすむ生姜焼きです! 厚めにスライスされたたっぷりの豚肉と生姜で体を元気に!疲労回復、スタミナメニューとしておすすめです。

ベジポーク

豚肩ロースを低温調理で柔らかく仕上げた後にグリルで余分な脂を落としています。ヘルシーにお召し上がりできるよう調理しました。温野菜と共にいただく満腹ヘルシーなブランドです。

南海鶏飯デリグ

シンガポール風海南鶏飯のブランドです。特製ブレンドしたタレで鶏肉を調理して仕上げています! パクチーやスイートチリとの相性抜群!

タンパク戦隊タンパクマン

不足しがちなたんぱく質の摂取はタンパクマンにお任せください。低温調理で柔らかく調理した鶏肉とサラダで健康に!

店舗情報

オープン日 10月17日(月)
住 所  東京都中央区日本橋浜町2丁目15−1バー土曜日内
営業時間 各ブランドごとに違います。各デリバリーサイトをご確認下さいませ。 https://onl.bz/dbRShhP https://onl.bz/s3yzWT8

【旬の素材で彩られた9つのストーリー】 見て楽しく食べて美味しいを追求!!「小割烹 矢進」が西荻窪にオープン!!

小割烹 矢進について

四季折々の素材を生かし手づくりにこだわる。和食料理人が丹精を込めて提供する「小割烹 矢進」が西荻窪に10月30日(日)オープン致します。

店主は専門学校で調理の基本を学び、卒業後は和食居酒屋や高級日本料理店で調理の真髄や接客を学び技術を身に着けてまいりました。
この度、自身の店舗を開業するまでの間、特別に日曜日限定で営業を行うこととなりました。

季節によって仕入れる食材が変わる「小割烹 矢進」の小鉢御膳は一品一品、器選びから盛り付けにもこだわっております。見た目に可愛く、食べれば驚きと共に口いっぱいに美味しさが広がります。素材の食感や風味が店主の技術で最大限に活かされており、一口召し上がると丹精込めた仕事ぶりが伝わってくるかと思います。

この店の特徴は、9つの小鉢御膳の小鉢一つ一つにストーリーが込められている事です。どんな想いが組み合わされているのか店主から聞きながら食べ進めていくと楽しみと共に感動を味わえる特別な時間を満喫できます。

店名の「矢進」には矢のように真っすぐに、魅力あるお料理を提供できるよう進んでいきたいという想いが込められています。
一度味わえばそのキラッと光るセンスと本物のこだわりを感じることができること間違いなしです。

西荻窪「小割烹 矢進」
1日20食限定で営業しております。

事前予約も承っていますので近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

メニュー

おまかせ9種の小鉢御膳 2,000円 お子様3種の小鉢御膳 800円

店舗情報

店舗名    小割烹 矢進
住 所    東京都杉並区西荻北4−26−10MAHOROBA内
オープン日  10月30日
営業時間   11:00〜15:00
店主     吉川竜矢
営業日    日
ご予約は☎️050-3551-9511
もしくはInstagramのDMにてお待ちしております
Instagram https://instagram.com/kokapou_yashin

【ひき肉未使用】唯一無二の肉塊にかぶりつけ!あの「ランディバーグ」が 神田で復活オープン!

名店「ランディバーグ」が 神田エリアに帰ってきました!

神保町(西神田)で16年間愛された「ランディバーグ」。テレビにもよく取り上げられた人気店でしたが薄利多売の疲れで閉店。そのランディが6年振りに夫婦揃って神田エリアで復活しました!

ランディのウリは「ひき肉を使わないハンバーグ」!
フレッシュな赤身ロースを大胆にチョップした唯一無二の新しい食感です。

ミディアムレアの牛肉100%の肉片にかぶりついて下さい。肉のうまみをダイレクトに味わえる製法に驚かれると思います。ダントツ人気のソース、ガリマヨとの相性も抜群でご飯が止まりません。

毎週地方からいらっしゃる方もいたハマる人にとことんハマる味。
引退後も復活を望む声をたくさんいただいたこの味を是非ご賞味下さいませ。

メニュー

店舗情報

店 名  ランディバーグ神田店
開業日  10月17日(月)
住 所  東京都千代田区神田北乗物町18−5 小さな五島バルbi-go内
最寄駅  神田駅東口より5分
営業時間 毎週(月)(火)(水)11~14時
https://www.instagram.com/randy_since2000/

【酒豪ライバー】飲み配信とリアル酒場の融合「S’alier / サリエ」が 恵比寿にオープン!

ベロベロ系飲み配信ライバーのりえさんが
恵比寿に週末居酒屋「S’alier / サリエ」をオープン致しました。
配信の人気者がリアルの店を持つ事で、初日からファンやお酒好きで盛況でした。 管理栄養士でビアソムリエの資格を持つ店主りえさんは、山葵ポテサラをはじめ料理やお酒の取り揃えも工夫を凝らしたものが多く、多くのお客様にお楽しみいただきました。
店名の「S’alier(サリエ)」 はフランス語で《縁を結ぶ》を意味します。

「お酒を通して人と人が繋がる」

配信だけでなく、リアルの場でもスナックのようなフレンドリーで温かい場を作って参ります。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

りえさんのポコチャはこちら

https://www.pococha.com/ja-jp/app/users/4a253600-6984-4de7-ba1d-8ac58c31665d

メニュー

店舗情報

店 名  S’alier / サリエ
開業日  10月15日(土)
住 所  東京都渋谷区恵比寿1-22-10カマスヤビルB1F 壱や内
最寄駅  恵比寿駅
営業時間 毎週土日 16:00〜22:00
https://www.instagram.com/salier_ebisu/

【名店修行中】カレーの店 三つ葉が今月末に閉店??

間借りカレーを営む方には名店で修行しつつ、同時に自ら間借りカレー店も開いているという方が少なくありません。今回ご紹介する本郷三丁目の「カレーの店 三つ葉」もそんなお店。店主の勝山さんは本駒込の名店「スパイスバル コザブロ」で働きながら、昼は三つ葉を営んでいます。
名店で修行されている方の間借りカレー店は他にもありますが、多くは師匠のカレーとベクトルが近く、そこに自分らしさが加わったものなのですが、三つ葉のカレーはコザブロとは真逆とも言えるベクトルの仕上がりで非常に面白く、大変美味しかったのでまた行こうと思っていたら何と10月29日で閉店するというニュースが入ってきました。閉店前に是非ともこちらのお店の素晴らしさを一人でも多くの方に知ってもらいたいと考え、今回は三つ葉のご紹介です。 まず定番のカレーが梅酒チキンカレー。それと週替わりのカレーがもう一種というラインナップ。
定番のカレーというと万人受けする美味しさのカレーであることが多いのですが三つ葉の定番は然に非ず。チキンと言っても親鶏を使用。硬い肉質なのですがコリコリとした食感が楽しく、噛めば噛むほどに旨味が出てくる通好みの肉なのです。
これに梅酒のフルーティーさが加わる唯一無二のカレー。定番からして攻めているという姿勢がカッコ良いじゃないですか。
そしてこの日の限定はくずし豆腐のしらすカレーだったのですが、これも字面だけ見ると優しい味わいのカレーを想像するのですが、やはり攻めています。ビシっと決まったスパイス感のカレーであり、しらすせんべいをパパドに見立てて添えるというアイディアも良し。美味しいだけではなく楽しさもあるカレーなのです。 間借りと言えども独立店舗の人気店に負けない美味しさ。これが閉店とはもったいないと感じるのですが、どのような事情があるのか、勝山さんに色々とお話をうかがってきました。 カレーおじさん\(^o^)/(以下、カ):今日も美味しかったです! これだけ美味しくて、お客さんも入っているのに閉店ということですが、どのような事情があるのですか?
三つ葉 勝山さん(以下、三):営業していく中で勉強不足を感じることが多くなってきて。営業してみて自分がどんなことをやりたいのが見えてきまして、それをやるにはどうしたら良いのかということや、昨今の物価上昇もあって価格設定だったり色々と考えないといけないことが沢山出てきて、考えながら中途半端にやるより一度休んで立て直そうと思ったんです。
カ:なるほど。やりたいことというのは具体的にどんなことなのでしょうか?
三:コザブロスタイルです。カレーはじめスパイス料理でお酒を飲めるようなお店ですね。コザブロがまさにそうなのですが、料理を介してお客さんが集まり、お客さん同士が仲良くなれるような場所で、自分はシェフであり、その場所のMCのような存在でありたいと思うようになりました。
カ:確かにコザブロって料理が美味しいのはもちろんですが店主さんのキャラクターも楽しく、トータルで素敵な空間になってますもんね。三つ葉のカレー食べて、良い意味でコザブロ感が全く無いと感じたのですが営業スタイルでしっかり影響を受けているということでしたか。
三:はい(笑) 色々勉強させてもらってます。コザブロ感が無いというのも私は元々ラーメン屋で働いていたんです。
カ:そうだったんですか!
三:大門の「鶏ポタラーメンTHANK」というお店なんですが、そもそもそこで働き始めたのも、「ここのスープでカレーを作ったら絶対面白い」と思ったからなんです。
カ:ん? ちょっと難しいので順を追って説明してもらえますか?
三:わかりにくかったですね(笑)。元々料理が好きで、飲食店をやるのが夢だったんです。どのようなお店にするか考えた時に、毎日食べて自分が飽きないのは何だろうと考えたらカレーだったんです。それでカレーのお店をやろうということで独学でカレーを作ったり、色々と食べ歩いている中でTHANKと出会いまして、面接の際にも「ゆくゆくはカレー屋をやりたいんですが、ここのスープでカレーを作ったら面白いと感じたので勉強させてください。」ということも伝えた上で雇ってもらえまして、実際THANKでも限定カレーやコロナ禍の時は冷凍カレーも私が担当していたんです。
カ:へー! そういう流れだったんですね。面白い。コザブロ入る前から自分のカレーがあったから、コザブロとは違うベクトルなのか。納得しました。
三:その後カレーをしっかりやりたいということでTHANKを辞めてコザブロで働きだしまして、ほぼ同時期に三つ葉もスタートしました。
カ:この場所はどういう縁で見つかったんですか?
三:SNSでシェアレストランのたけしげさんに突然フォローしてもらいまして、そこでこういうものがあるのかと知ったんです。
カ:そうだったんですね。たけしげさん、飲食関係で興味わいた方をフォローしているみたいですね。
三:ええ。そこからシェアレストランでこちらをつないでいただきました。
カ:この場所にしたのはどういう理由だったんですか?
三:まずどの街でやるのかということを考えて、色々な街を入念にリサーチしました。どのような人が住んでいて、どのような会社があるのか。ちゃんと利益が生まれるような人の流れがありそうか、そういう所も考えた上で、実際に見て良さそうなこちらにしたんです。これは今から間借り始めようかと考えている方にも、是非とも考えて欲しい部分です。
カ:確かに一番重要な部分かもしれませんね。他にこれから間借りやろうとしている方にアドバイスはありますか?
三:やはりお客さんと向き合う仕事なので、自分磨きをしっかりしないといけないと思います。色々な方がいますから、何があっても焦らず対応できるよう、自分の心を強くすると言いますか、人として成長しないといけないなと常に考えています。
カ:素晴らしいアドバイスですね。こちらは残念ながら今月で閉店とのことですが、今後の展望はどのようなものですか?
三:しばらくお休みいただいて、色々と考えがまとまったらまずは月1回程度のイベント的に営業をしたいと考えています。スパイス飲みをやりたいので土曜の夜とかになると思います。
カ:場所は考えていますか?
三:他の街も見てみたいのでこことは違うどこかでやってみて、その反応を見てその後どうするか考えていきますが、最終的には自分の店を持つという所に向かって頑張っていくつもりです。 閉店すると聞いて少し心配もあったのですが、勝山さんの顔を見たら実に前向きで、閉店が残念という気持ち以上に今後が楽しみだなという期待が上回りました。
気になった方はまずは今の店舗で攻めたカレーを楽しみ、SNSをフォローして今後の動向を注目してください。
現段階で既に、都内間借りカレー店でも十指に入る美味しさだと感じています。ゆくゆくはコザブロにも負けない名店の店主となるポテンシャルを秘めている方です。間借りのうちにその味を確かめておいて、その後の進化も楽しんでいくというのが間借りカレーを追いかける楽しさのひとつですから。

店舗情報

店舗名  カレーの店 三つ葉
 ※2022年10月29日閉店につき、お早めに!
住 所  東京都文京区本郷3-28-13ラベニュー本郷1F Lazos de Pirates内
営業時間 月〜金 11:30~14:00(L.O)・ 土12:00~14:00(L.O)
定休日  日曜日
https://www.instagram.com/mitsubar_curry/
https://twitter.com/mitsubar_curry

カレーおじさん\(^O^)/

2006年から毎日カレーを食べ続けているカレーおじさん\(^O^)/
TBS「マツコの知らない世界」ほか多数のメディア出演、カレー記事の連載、カレープロデュースまで行うカレーアディクト。
http://akinolee.tokyo/?page_id=1380
「間借りカレーdiggin’」は毎月15日に掲載いたします!お楽しみに!

新着記事