なぜ健康的にやせることが出来るのか? 健康的にやせるカレー専門店「バターの沼」が池尻大橋にオープン!

220

健康的にやせるカレー専門店「バターの沼」が池尻大橋にオープン!

「健康的にやせる」をテーマに掲げた、バターカレー専門店「バターの沼」が池尻大橋クラフトビール「シザーズ」内に間借りオープンしました!
「バターの沼」は公務員時代の健康診断を期に健康な食事に興味を持った店主が、グアテマラ留学中にインドの方が作るバタチキンカレーにハマり、美味しくて健康的なバターカレーが少ない事に気が付き始めたブランドです。

普通のカレー店では高価で使用できないグラスフェッドバター・平飼い鶏・放牧豚・牧草牛を贅沢に使用。米・小麦・砂糖不使用の超低糖質なバターカレーを間借りプライスで是非ご賞味下さい。

なぜ健康的にやせることが出来るのか?

グラスフェッドバター(牧草牛のバター)を贅沢に使用。グラスフェッドバターは、一般バターに比べて、体脂肪の燃焼効果が期待できる「不飽和脂肪酸」が豊富に含まれています。カレーのベースは有機トマト、それにクミンや微塵切りにしたカルダモンなど山盛りスパイスをテンパリング、沖縄の海塩(ぬちまーす)を加えてコトコト煮込み、ココナッツクリームでまろやかなコクと甘みを付けて、リッチな味わいに仕上げました。ナンは、国産おから(非遺伝子組み換え)に、アーモンドを練り込み、もっちりと焼き上げています。ほんのり甘くて香ばしいアーモンドの風味は、バターカレーとの相性バツグンです。カレーもナンも、「グルテンフリー」で「シュガーフリー」のため超低糖質。だから、健康的に痩せれるのです。

メニュー

◎バターチキンカレー 1,000円
使用している徳島産の平飼い鶏(神山鶏)は、のびのび平飼い育ちで、抗生物質不使用、餌や飼育方法に至るまで、こだわって大切に育てられた美味しいお肉です。
◎バターポークカレー 1,000円
使用している十勝産の放牧豚(どろぶた)は、完全放牧育ちで、抗生物質不使用。自然の営みの中でどんぐりなどを食べて育った美味しいお肉です。
◎バタービーフカレー 1,100円
使用しているオーストラリア産(もしくはニュージーランド産)の牧草牛は、自然環境のもとで放牧されて牧草を食べて育つので、一般の牛に比べて栄養素が豊富で、噛むたびに牧草牛の旨味が溢れ出します。
◎有機レモンと豆乳ヨーグルトのラッシー 300円
有機レモンと豆乳ヨーグルト(非遺伝子組み換え)のラッシー。レモンのサッパリとした風味と豆乳ヨーグルトの口当たりが、バターカレーにベストマッチ。乳製品・砂糖不使用です。

店舗情報

店 名   健康的にやせるカレー専門店「バターの沼」
住 所   東京都世田谷区池尻2丁目30-12 OSビルB1F クラフトビール「シザーズ」内
オープン日 10月1日
営業時間  11:00〜15:00
デリバリー チョンピー・UberEats
https://www.instagram.com/butter_numa/