【今こそ】間借り飲食店へ贈る応援ソング4選!【まとめ】

183

間借り制度とは

2020年に、日本でコロナウイルスが大流行してからというもの、沢山の業界が大打撃を受けました。
外食産業の中心である飲食店もそのうちのひとつです。
お客様に「来てほしい」となかなか言えず、新しい方法で挑戦を繰り返しているお店が多いと思います。
コロナウイルスによって、飲食の形は本当に大きく変わりました。
今までイートインだけだったお店がテイクアウトや宅配に乗り出したり、今まで夜の営業だけだったお店がランチを始めたり、見たこともない業態が流行する事例も生まれました。
そんな中で、お店を続けたくても続けられない。起業の夢を諦めなければならない。そういう方もいらっしゃったはずです。
今回は、このような状況の中でも、今必死に頑張る皆様に「エール」を贈るために、応援ソングまとめというテーマで、届けたいと思います。
明日も見えない中ですが、少しでも元気になってもらえることを願っています!

応援ソング紹介

それでは早速、歌詞と共に、応援ソングを紹介していきます!
是非聴いてみてくださいね!

『インフェルノ』 歌:Mrs. GREEN APPLE 

作詞:大森元貴 作曲:大森元貴

消防士の奮闘を描いた大人気アニメの『炎炎ノ消防隊』オープニングテーマにもなっているこちらの曲。
イントロからガツン!と来るメロディーに、一気にエンジンがかかったような気持ちになります。
平凡に生きて、安泰に暮らしていくのも幸せのひとつです。
しかし、どんな人生にも終わりはやってきます。
だからこそ、本当に今のままの自分のままでいいのか?ということを、訴えかけられているような気持ちになる曲です。
今のような不況になってこそ、どれだけ前の生活が幸せだったかということに気がついた方はとても多いと思います。
お客さんが来て、お店に沢山の笑顔が溢れる光景は、飲食店にとって宝物ですよね。
今は耐えることも多いですが、足を止めずに「挑戦」を続けていけば、必ず人生は悔いのないものになります。
形は変わっても、飲食店が街から消えることはありません。

この曲を聴くと、「自分も前向きにチャレンジしなければ!」という気持ちにさせられます。
一回しかないからこそ、人生は面白いものです。 不安になってしまうような挑戦をする前や、弱気になったときに聴いてほしい一曲です。
 全歌詞:
『照らすは闇 僕らは歩き慣れてきた日々も淘汰
 夢は安泰な暮らしだが刺激不足故にタラタラ
  
 照らすは熄み 僕らの歩き慣れていた道はどこだ
 時はたまに癪だが温もりに包まれ只
 炎が立つ
 導の方へ 思い出すは優しいメロディー
  
 永遠は無いんだと 無いんだと云フ
 それもまたイイねと笑ってみる
 輝けばいつかは光も絶える
 僕らは命の火が消えるその日まで歩いてゆく
  
 ところで何故僕らは思考を急に辞めているんだ
 夢は安泰な暮らしだが知識不足故にハラハラ
  
 食せばYummy
 ヨスガに縋り付いたまま朽ちて行くんだ
 ここは業火の中だが傷跡がヒリつき只水面が立つ
 光の方へ手を取るは新しいメモリー
 夜空が分かつ導の方へ
 遮るは堅苦しいセオリー
  
 永遠は無いんだと 無いんだと云フ
 やっぱ苦しいねと泣いてみる
 風船もいつかは萎むか割れる
 僕らは命の泉を護り続けて繋いでゆく
  
 学びきれずに卒業 伝えきれずに失恋 遊びきれずに決別
 面倒臭いが地獄じゃあるまいし
  
 音が出る玩具も痛みを飛ばす魔法も
 全部僕にとっての宝物
 永遠は無いんだと 無いんだと云フ
 僕らは命の火が消えるその日まで歩いてゆく 

『きっかけ』 歌:乃木坂46  

作詞:秋元康 作曲:杉山勝彦

今や国民的アイドルとなった乃木坂46の曲。
アイドルたちが歌う等身大の歌詞に、とっても共感します。
タイトルに「きっかけ」とあるように、何かを決断する時の迷いや葛藤を描いています。
飲食店をやってみたいという思いを抱えている人は、たくさんいると思います。
もしかしたらオープン計画が、コロナの影響で延期になっている方もいるかもしれません。
確かに、この時代にオープンをするのはハイリスクだという意見もあるでしょう。
しかし、大切なことはいつでも「挑戦したい」と思うその気持ちです。
間借り制度で経営するのは、決してひとりだけの挑戦ではありません。
少し顔を上げると、間借りの先輩も沢山いらっしゃいます。
この歌の中には『決心のきっかけは理屈ではなくて、いつだってこの胸の衝動から始まる』という一節があります。
たしかに、頭で考えると「できない理由」は沢山見つかるかもしれません。
不安も沢山あるはずです。
ですが、それよりも「やりたい!」と、心を突き動かす情熱から、全ては始まります。
この曲が何かのスタートのきっかけになればいいなと思っています!
 
 全歌詞:
 『交差点の途中で不安になる
 あの信号 いつまで青い色なんだろう?
 ふいに点滅し始め急かすのかな
 いつの間にか 少し早歩きになってた
 自分の意思関係ないように
 誰も彼もみんな一斉に走り出す
 何に追われ焦るのか?と笑う
 客観的に見てる私が嫌いだ
 決心のきっかけは理屈ではなくて
 いつだってこの胸の衝動から始まる
 流されてしまうこと抵抗しながら
 生きるとは選択肢たった一つを選ぶこと
 横断歩道 渡っていつも思う
 こんな風に心に信号があればいい
 進みなさい それから止まりなさい
 それがルールならば悩まずに行けるけれど…
 誰かの指示待ち続けたくない
 走りたい時に自分で踏み出せる
 強い意思を持った人でいたい
 もう一人の明日(あす)の私を探そう
 決心のきっかけは時間切れじゃなくて考えたその上で未来を信じること
 後悔はしたくない
 思ったそのまま正解はわからない
 たった一度の人生だ
 ほら 人ごみの誰かが走り出す
 釣られたみたいにみんなが走り出す
 自分のこと自分で決められず
 背中を押すもの欲しいんだ
 きっかけ
 決心のきっかけは理屈ではなくて
 いつだってこの胸の衝動から始まる
 流されてしまうこと
 抵抗しながら生きるとは選択肢たった一つを選ぶこと
 決心は自分から思ったそのまま…生きよう』

『サザンカ』 歌:SEKAI NO OWARI 

作詞:Fukase・Saori 作曲:Nakajin・Fukase

数々のヒット曲を生み出して、応援ソングも沢山リリースしている人気バンドからの一曲です。
曲調も歌詞もとても優しく、胸に染み渡るような歌です。
夢を追うことの大切さについて、丁寧に力強く寄り添って伝えてくれるような気持ちになります。
笑われても、困難にぶつかっても、それでも「大丈夫」と手を差し伸べてくれるような、なんだか温かいおまもりみたいな応援ソングです。
どんなお店も、ひとりの夢から始まります。
「お客様に美味しいものを届けたい」
「お客様に笑顔になってほしい」
そんなたったひとつの綺麗な思いから、お店がうまれていきます。
時にはつらくてやめてしまいたくなる時もあるでしょう。
もう夢を諦めてしまいたくなる日もあるでしょう。
しかし、それでも逃げずに立ち上がり続けていれば、応援してくれる人はいます。
諦めなかったから、夢は叶います。
間借りという空間で、一生懸命に夢を追いかける経営者さんたちを、私たちもずっと応援しています。
心が折れそうになった時に、ぜひこの歌を聴いてみてください!
 
 全歌詞:
 『ドアの閉まる音 カレンダーの印 部屋から聞こえる 君の泣き声
逃げる事の方が怖いと君は夢を追い続けてきた
 
努力が報われず 不安になって珍しく僕に当たったりして
ここで諦めたら今までの自分が可哀想だと君は泣いた
 
夢を追う君へ 思い出して つまずいたなら
いつだって物語の主人公は笑われる方だ
人を笑う方じゃないと僕は思うんだよ
 
誰よりも転んで 誰よりも泣いて誰よりも君は 立ち上がってきた
 
僕は知ってるよ 誰よりも君が一番輝いてる瞬間を
 
夢を追う君へ思い出して くじけそうなら
いつだって物語の主人公が立ち上がる限り物語は続くんだ
 
嬉しいのに涙が溢れるのは君が歩んできた道のりを知っているから
 
夢を追う君へ思い出して つまずいたなら
いつだって物語の主人公は笑われる方だ
人を笑う方じゃない君ならきっと』

『何度でも』 歌:DREAMS COME TRUE 

作詞:吉田美和 作曲:吉田美和・中村正人

日本ではお馴染みの応援ソングとして、殿堂入りしているこちらの曲。
改めて聴くと、とっても勇気をもらえます。
どれだけ倒れても、何回失敗しても、ボロボロになっても、絶対に諦めないということの大切さを教えてくれる曲です。
飲食店を経営していれば、失敗は沢山あります。
もうだめだと思うような失敗もあるでしょう。
低リスクと言われる間借りでも、もちろん失敗することはあります。
ですが、間借りのいいところは、失敗しても何度でもやり直せることです。
失敗しても助けてくれる仲間もいます。
失敗することを恐れて、挑戦しないのではなくて、失敗するたびに起き上がり、いいお店を作り上げていくことです。
間借りならば、何度だってそれが出来ます。
失敗して「もうだめだ」と諦めそうになったときは、この曲を聴いてまたエネルギーをチャージしてください!
 
 
 全歌詞:
 『こみ上げてくる涙を何回拭いたら伝えたい言葉は届くだろう?
 誰かや何かに怒っても出口はないなら
 
 何度でも何度でも何度でも立ち上がり呼ぶよ
 きみの名前声が涸れるまで
 悔しくて苦しくてがんばってもどうしようもない時もきみを思い出すよ
 10000回だめでへとへとになっても
 10001回目は何か変わるかもしれない
 
 
 口にする度本当に伝えたい言葉はぽろぽろとこぼれて逃げていく
 悲しみに支配させてただ潰されるのなら
 
 何度でも何度でも何度でも立ち上がり呼ぶよ
 きみの名前声が涸れるまで
 落ち込んでやる気ももう底ついてがんばれない時もきみを思い出すよ
 10000回だめでかっこ悪くても
 10001回目は何か変わるかもしれない
 
 前を向いてしがみついて
 胸掻きむしってあきらめないで叫べ!
 
 何度でも何度でも何度でも立ち上がり呼ぶよ
 きみの名前声が涸れるまで
 悔しくて苦しくてがんばってもどうしようもない時もきみの歌を思い出すよ
 
 この先も躓いて傷ついて傷つけて
 終わりのないやり場のない怒りさえもどかしく抱きながら
 どうしてわからないんだ?伝わらないんだ?喘ぎ嘆きながら自分と戦ってみるよ
 10000回だめで望みなくなっても
 10001回目は来る
 
 きみを呼ぶ声力にしていくよ何度も
 明日がその10001回目かもしれない・・・』 

まとめ

「間借り開業者へ贈る応援ソングまとめ」、いかがでしたか?
飲食店にとって、大きな外的要因となる打撃は、高い壁に感じますよね。 今回紹介した曲は、そんな壁を乗り越えるための手助けになればいいなと思うものばかりです。 今はつらくても、何回失敗しても、必ずまた光を浴びる日がやってきます。
今を懸命にもがき続けるみなさんを心から応援しています!
みなさんの元に、沢山のお客さんの笑顔が溢れることを願っています!!