【以外と大変】間借りカフェの世界4選!【まとめ】

965

間借りとは

SNSの普及やAIの進化など、時代の変化に合わせて人々のニーズも大きく変わりました。
それに加え、コロナウイルスによる影響で様々な業界が打撃を受けました。
飲食店も例に漏れず、そのひとつであり、今たくさんの経営者たちが生き残りをかけて模索しています。
そんな中でも、現在注目を集めつつあるのが「間借り制度」です。
既存店舗の空き時間を利用して経営できるので、リスクと利用を大幅に削減できるという特徴を持っています。
この時代で不安な方でも挑戦しやすい間口として、成功モデルを沢山うみだしてきました。
今回はその中でも「間借りカフェ」に注目し、奮闘するお店を紹介していきます!

間借りカフェ

それでは早速、間借りカフェの世界を覗いてみましょう!

西日暮里 『ハトマメ/hatomame』

何だか可愛い響きの店名ですが、実はこちら「葉と豆」が由来なのです。
紅茶専門店だったお店がさらにパワーアップし、再開されました。
こちらでは、紅茶・コーヒー・焼き菓子・料理など商品の全てをオリジナルで作っています。
しかも、映画「74歳のペリカンはパンを売る。」にスタッフとして登場したことがある元浅草ペリカン職人がいらっしゃるのです!
この職人さんが丁寧に作る自家製パンと浅草ペリカンパンも、もちろん召し上がることができます。
何と言ってもおすすめは、本「パンのペリカンのはなし」でも紹介されたことがある「ビーフストロガノフとペリカンパン」の組み合わせ!
こちらのビーフストロガノフは、ロシア人直伝とかなり本格的です。
他にも焼き立てのスコーンやオリジナルブレンドの紅茶など、どれにしようか悩んでしまうぐらいおすすめのメニューが沢山です!

『ハトマメ/hatomame』の店舗情報

店舗名 『ハトマメ/hatomame』
住 所 東京都荒川区西日暮里5−27−4 AC BAR内
営業時間 11:00〜19:00(緊急事態宣言解除後、変更の可能性あり)
定休日 土曜日
Instagram @hatomamelife
Twitter @hatomameweb
HP https://cafehatomame.jp/

三軒茶屋 『coffee&toast』

パンをこよなく愛する方なら誰もが知っている浅草の「ペリカン」。
1942年創業というかなりの老舗パン屋であり、高級食パンブームの前から大人気店として存在し「予約をしないと買えない」というほど愛されています。
今回ご紹介するのは、世田谷区初!浅草ペリカンのトースト専門店です。
実は世田谷区では、毎年パン祭りが開催されています。
そんな世田谷区民からも愛されているこのお店では、様々な食べ方でペリカンパンを楽しむことができます!
店主の「パンを愛する区民に、美味しいパンを届けたい」という想い。リスクが低い間借り制度を利用して、オイスターバーで昼の時間帯のみカフェを経営しています。
元々はシンプルな3種のトーストメニューだけでしたが、開業後は独特なアイデアで、人気商品が次々に生まれています!
あんことホイップがぎっしり詰まったあんこパンや、半熟卵に浸して食べるイングリッシュブレックファーストなど、お口の中が幸せで溢れるものばかり…!
カフェの店主の姿とポケモンマニアという姿を持つ面白い店主に、ぜひ会いに行ってみてください!

『coffee&toast』の店舗情報

店舗名 『coffee&toast』
住 所 東京都世田谷区三軒茶屋1−5−16
営業時間 9:00〜14:00 売り切れ次第終了 不定休
Twitter @Coffeetoast2

川崎 『KOZA』

沖縄のコザで誕生した「沖縄タコライスとタコス」。 コザ出身の店主が「コザの本場の味を届けたい」と、あえてオリジナルアレンジを加えず、コザで本当に食べられているものを作っています。 メキシカンなタコスといえば、薄くてパリッとした食感を想像する方が多いと思いますが、コザは「カリッモチッ」。 シンプルだけど、唯一無二の味がこのお店にはあります。 モーニングの時間帯には、沖縄ソウルフードである「SPAM」を使用したサンドイッチも食べることができます。 そしてコーヒーにもまた沖縄らしいこだわりがあります。 こちらのコーヒーは、エスプレッソマシーンのシネモリで淹れるのですが、カップの淵には黒糖が塗られているのです!
ラテと黒糖が混ざり合って、癖になる甘さが特徴です。
親子で経営しているというこちらのお店は、オーナーであるお母様の「カフェを開きたい」という夢からスタートしました。 そんなお母様を支えようと、娘さんもお店に立つようになり、一生懸命にタコスの焼き方を覚えたり、慣れない仕事に奔走したりと、その健気さに胸を打たれます。 販路開拓など様々な課題にぶつかりながらも、二人三脚でひとつひとつのメニューに丁寧に向き合う姿勢が、お店の中に溢れています。 沖縄本場の味を楽しみたいのなら「コザ」へのご来店をおすすめします!

沖縄タコライス&タコス『KOZA』の店舗情報

店舗名『KOZA』 住 所 神奈川県川崎市幸区大宮町14 営業時間 8:00〜15:00 不定休
Instagram @okinawakoza Twitter @kozataco

渋谷 ノマドカフェ『NOPAY』

お店の名前を聞いて「もしかして?」と思った方、正解です。 こちらのお店、なんと無料で居座れるのです。 夜行性が多い学生さんのために、気軽に集まれて朝までいられる空間を作りたいという思いで誕生したこちらのお店。 集まって来た人たちがだんだんと繋がり、新たなビジネスや新たな取り組み、新たなチャレンジがうまれるかもしれない。そうして作られた素敵な空間です。 「社会にとって人材は大切」と考える店主は、学生と企業を結ぶ場としても活用してほしいという思いも込められています。 何か注文して席につくということが当たり前の中で、あえて「何も頼まないでも」作業ができるカフェ。 家では集まれないし、集中できない。だけどお金もない。そんな学生さんは、意外と多いのです。 そんな方々のための場所の提供として特化しています。
もちろん店内には、コーヒーやフルーツのシーシャなどのメニューもありますが、こちらはあくまでも集中したり落ち着いたりするための「お手伝い」のような存在。 なぜこんなにも学生に親身なのか? 実は、こちらの店主は早稲田大学の学生さんです。 元々京都大学に通っていた店主は中退して、早稲田大学に入学、そしてこちらを開業しました。 「シェアする」ということに目をつけて、間借り制度でコストを削減しながら、若者にチャンスの場所を作っていくという新しいビジネルモデルで挑戦しています。 NOPAYは二ヶ月限定の営業ですが、それ以降も曲がりを利用しながら営業を継続していくそうなので、新鋭の学生起業家に大注目です!

ノマドカフェ『NOPAY』の店舗情報

店舗名 ノマドカフェ『NOPAY』 住 所 東京都渋谷区神泉町8−1鈴屋ビルB1F 営業時間 21:00〜5:00 不定休
Instagram @nomadcafe_nopay Twitter @nomadcafe_NOPAY

まとめ

今回は、間借りカフェについてお伝えさせていただきました。

いかがでしたか?

カフェと言っても、その間口や思いは様々。

消費者のために美味しいものや面白い空間を届けたいという気持ちが、お店にもコンセプトにも込められています。

これからのカフェ業態から目が離せません。

カフェを経営してみたいと思っている方にこそ、間借り制度はとてもおすすめです!

リスクを抑えながら、自分の作りたい空間を形にしてみませんか?