【間借りカレーに負けない】間借りラーメンの世界4選!【まとめ】初心者向け

545

1.間借り飲食店とは?

時代の変化と共に、飲食店のスタイルも急激な変換を迎えています。
昨今ではデリバリー事業が急激に発達したり、サブスクリプション制度の飲食店が普及したりと話題にもなりました。
今回紹介する「間借り制度」もそのうちのひとつと言えます。
間借り制度とは、実店舗は持たずに元々あるお店を一定の時間だけ借りて経営するスタイルのことです。
例えば、夜だけ営業しているバーや居酒屋で昼の時間帯にカレー屋をしたり、昼だけ営業しているカフェで夜に居酒屋をしたりというもの。
自分で実店舗を持ち、一からお店を作るのは自分の思うようなコンセプトのものを作りやすいというメリットの一方で初期費用が多くかかるという面を持ちます。
間借り制度では、その初期費用を抑えてスピーディーにお店を作りたいという方にはぴったりな制度です。
また、既存で入られているお店のスタッフさんとの情報交換をしやすいだけではなく、そこのお店の常連様にも来ていただけやすいというメリットもあります。
お客様からしても、新しいお店でも普段馴染みのあるお店であれば気軽に入りやすいものです。
今回はそんな間借り制度で経営する飲食店の中でも、「ラーメン屋」に焦点を当てて紹介していきます。

2.間借りラーメン屋4店舗紹介

それでは実際に間借り制度を利用して経営をしているラーメン屋を紹介していきたいと思います。

○新橋『なすや』

新橋のとあるビルに存在する『なすや』は、元々和食やラーメン店の店長だった前田さんが経営するラーメン屋です。
和食やラーメンを修行したのちにご実家が経営されていた『なすや』を引き継ぐこととなりますが、交通事故によってリハビリ生活をすることに。
その経験から、前田さんは四国のお遍路で心身ともに鍛えて様々な出会いを経験します。
そしてその後、椎名町でシェアレストランにより間借り店舗として開業されました。
現在は新橋に移転して『なすや 新橋店』として、沢山のお客様に愛されています。

お遍路のときに出会った豊かな食材を活かしたスープは、鶏ガラは使用せず選び抜かれたこだわりの野菜と海鮮だけで作られています。
あっさりとした味わいですが深みのある新しい味わいで、こってりとしたラーメンが苦手な方や二日酔いで優しい一杯を求めている方にはぴったりのラーメンです。
そして前田さんのこだわりはこれだけではありません。
「昔ながらの懐かしさ」をラーメンに求めた前田さん。トッピングに卵焼きを乗せたりと、食べ終わった後には思わず「ふう」と幸せな息をついてします。
前田さんの人生がまるごと詰まったような美味しさの中に豊かさや優しさが詰まったラーメンです。

<『なすや』のメニュー・価格>

醤油そば         ¥750
塩そば          ¥750
まぜそば         ¥700
海苔塩そば        ¥850
焼豚そば(醤油・塩)   ¥950
坦々そば         ¥950 (トッピング)
麺大盛り         ¥200
焼豚追加         ¥300
生海苔          ¥200
しな竹          ¥200
玉子焼き         ¥250 なすや海鮮丼       ¥750
焼豚丼          ¥650
白飯           ¥200

<『なすや』店舗情報>

店舗名 なすや
住 所 東京都港区新橋2−16−1ニュー新橋ビル206 幸せのとり内
営業時間 10:00〜14:00
定休日 日曜祝日
Instagram @three_eggplants

○錦糸町 『幻海』

錦糸町に位置する『幻海』は、海老による出汁ラーメンがとても有名です。
普通、間借りといえばバーや居酒屋を利用するのですが、この幻海はなんとラーメン屋を間借りしているのです。
昼に営業しているのは、二郎系ラーメンといえばここというほどの有名店『ラーメン三郎』です。
2014年に開業して以来、絶大な人気を誇っていますが夜の時間帯と日曜はお店を閉めていたのでシェアレストランに登録し、この幻海と出会いました。
元々三郎のファンだった方でも、違う形のラーメンを楽しんでいただけるのはラーメン屋を間借りするメリットと言えます。
また、借りる方も全く違う業態だとキッチンの形や席の作りなどで不便なことがありますが、同じ業態を間借りすることでその心配はなくなります。
設備も勝手がきくことにより、貸す方も借りる方もメリットが多いのがとても特徴的です。

幻海のラーメンは海老をたっぷりと使ったスープを使用した「海老らーめん専門店」です。
鶏白湯と特製の海老香味油とタレの風味が絶妙に香る「海老塩らーめん」と、専用の海老香味油とタレ、玉ねぎが絡んだ「海老油そば」、他にもこだわったメニューが人々を迎えています。

幻海は、間借りだけでなく配達事業など新しい取り組みにも力を入れ、時代に合わせて進化し続けているところもとても魅力的です。

<『幻海』のメニュー・価格>

こだわり海老塩ラーメン 900円
特製海老ラーメン    1,300円
絶品海老油そば     900円
まかない丼       300円

<『幻海』店舗情報>

店舗名 海老らーめん幻海
住 所 東京都墨田区江東区東橋3−3−4 麺屋三郎内
営業時間 18:00〜23:00(日曜日は10:30〜23:00)
定休日 なし Instagram @ebi_genkai
Twitter @ebigenkai

○不動前『麺やほころび』

高円寺の間借りから移転して不動前にお店をオープンした『麺やほころび』。

店主の渡辺さんは元々中華そばの名店と呼ばれる『池尻大橋八雲』にて修行をしていました。
こちらのお店といえば、ミシュランにも掲載されるほどの実力店舗です。
そこで修行した経験をいかし、麺やほころびでは全く違うタイプのスープに挑戦。

10種類もの素材で作られた出汁をブレンドしたスープは、正真正銘の無化調です。
体を気にする方や女性の方、お子様にまでも安心して食べることができる嬉しいラーメンなのです。
無化調だけあって、優しい味わいでスープまで一気に飲み上げてしまうほどの美味しさ。
麺も特注とかなりこだわっています。 元々は高円寺でもかなりの人気店として名を馳せていましたが、コロナウイルスの影響もあり、お店を一旦閉めて今の場所に辿り着いたといいます。
その苦労もあってか、ラーメンにはより一層の奥深さが感じられます。

<『麺やほころび』のメニュー・価格>

中華そば850円
鶏そば800円 エビワンタン麺1,050円
肉ワンタン麺950円
ミックスワンタン麺1,000円

<『麺やほころび』の店舗情報>

店舗名 『麺やほころび』
住 所 東京都品川区西五反田5丁目1−20 2階
営業時間 11:30〜売り切れ次第終了
定休日 不定休
Instagram @menya_hokorobi

○日ノ出町『ヒーチャン』

新横浜に本店を置く『アスリート中華ダイニング YI-CHANG』の坦々麺専門店として日ノ出町にある『ヒーチャン』。
栄養について知り尽くしたプロフェッショナルのシェフが作る坦々麺は、様々な有名人も食べに来るほどです。
化学調味料を一切使用せず、素材の味そのものを大切にした安心安全に徹底したこだわりの一杯は、すべてを手作りするというこだわり。
ラーメンや坦々麺というと、ジャンクフードのイメージが強く、食べたいけど体が気になるという方も多いのではないかと思います。

しかし、ヒーチャンはトップアスリートたちはもちろんのこと、一般のお客様にもその安心安全を届けるという思いが詰まっています。 美容や体に敏感な女性の方はもちろん、毎日頑張る方にぜひ食べてほしい「からだが喜ぶ前代未聞の坦々麺」なのです。

<『ヒーチャン』のメニュー・価格>

正宗担々麺汁なし  800円
白担々麺      800円
赤担々麺      800円
赤正宗激辛汁なし  800円
各種大盛・追い飯  100円

<『ヒーチャン』の店舗情報>

店舗名 アスリート坦々麺『ヒーチャン』
住 所 神奈川県横浜市中区宮川町3−81 第一石川ビル1階『ギャザーカフェ』内
営業時間 10:00〜20:00
Instagram @cafe_gather

3.まとめ

間借り制度を利用したラーメン屋、いかがでしたでしょうか?
間借りといっても、その形は様々。

時代と共に飲食店も変化していきますが、これから飲食店をしようと考えている方には、たくさんのメリットがあります。

不安だけど悩んでいるという方はぜひ、この間借りを利用してみることをおすすめします!

choko605さんまとめ