創業60年!閉店した老舗の名店「よね家」がシェアレストランの事業継承モデルを活用しw新横浜で復活オープン!!

90

老舗の行列店「よね家」とは

看板商品の鳥わさ丼
ランチ時は常に大行列、鳥わさ丼単品で勝負する水天宮の老舗名店「よね家」。湯引きされた新鮮な鶏肉をツンとした特製わさび醬油だれに絡ませると後引くうまさでご飯が止まりません。その天高くそびえ立つ写真映えする鶏肉のビジュアルに遠方から訪れるファンも多い人気店でした。創業から実に60年、建物の建て替えや店主の高齢化に伴い、2020年1月24日(金)に惜しまれつつ閉店致しました。

「よね家復活プロジェクト」の背景

よね家復活プロジェクト詳細ページ https://newscast.jp/news/783860 「あの名店の味をもう一度楽しみたい」そんな声が全国から届けられております。もともとよね家では営業していない夜の時間帯をシェアレストランとして間貸ししておりました。店舗を介して人と人が繋がる「シェアレストラン」の仕組みを活かして、「よね家」の味を復活させられないか?そんな想いで6月に「よね家プロジェクト」はスタート致しました。

味の継承者が決定いたしました!

継承する宮崎さん(左)とよね家の女将米山さん(右)
多くの応募の中で女将の心を射止めたのは、「アスリート中華ダイニングYIーCHANG」を経営するオーナーシェフの宮崎さん。

継承するアスリート中華ダイニングYIーCHANG宮崎さんよりメッセージを頂きました。

 新たな出発をした日本橋よね家
以前より老舗店舗が後継者不足や体調不良などにより、閉店に追い込まれる問題に何とかお役立てできないかと考えておりました。
今回ご縁がございまして、和食と中華のジャンルを超え、体調の悪い中、女将さんにご指導いただき、レシピを復活、継承させていただく事になりました。
女将さんの意思を受け継いで、日本橋伝統の味を、新横浜でも楽しんでいただけるよう全力で取り組んで参ります。
皆様宜しくお願い致します。

アスリート中華ダイニングYIーCHANGについて

添加物を一切使用しない、身体のことを考えた料理が大人気の中華ダイニングです。
プロのアスリートを食生活からサポートしたいというオーナーシェフの想いから始まりました。今では多くの有名アスリートや新横浜の会社員、家族連れに愛されているお店です。
https://www.gisho.co.jp/

よね家の女将からもメッセージが!

この度、アスリート中華ダイニングYIーCHANGを営む宮崎様が
鳥わさ丼復活をと、お声がけ頂き新横浜でまたご提供させて頂けますこと、胸にこみ上げて来ます喜びはひとしおでございます。

宮崎様は、「相次ぐ老舗の閉店に対して自分にできることはないか」という素晴らしい信条をお持ちの方です。
日本橋よね家の歴史、鳥わさ丼の味、そして愛してくださった皆様の想いも後世につなげていきたいと、
よね家のレシピそのままに鳥わさ丼を継承してくださいます。この有難いご縁も、ご愛顧頂きましたお客様皆様方のお陰と心より御礼申し上げます。
今後とも宮崎様と、復活した日本橋よね家の鳥わさ丼を、ひとえにどうぞ宜しくお願い申し上げます。

                            よね家女将

店舗情報

店名 日本橋よね家
オープン日 2020年10月29日
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-25 アポロ新横浜第2ビル 2F
営業時間 11時から15時ラストオーダー14時30分
アスリート中華ダイニングYIーCHANGの隣の店舗となります。
定休日 日曜祝日
最寄り駅 JR新横浜8番出口から徒歩2分
SNS  https://www.instagram.com/yoneya_nihonbashi/