お家でくつろぐ空間を追求! 早稲田にオープンしたワン オペ酒場「柳」が早くも人気です。

59

ワンオペ酒場「柳」について

刺身の盛り合わせ(ご飯付)
家にいるかのようなくつろげる空間にしたいという思いから居酒屋らしい名前ではなく、人の苗字に近い名前にしたい。柳(YANAGI)という店名は、そんな発想に由来します。「無類のお酒好きw」と言う店主の拘りが詰まった料理はお客様にも好評!ワンオペで頑張る店主の人柄からか、ほっこりとリラックスできると早くも地域で愛されている人気店です。

柳(YANAGI)について

居酒屋勤務時代に鍛えられた焼鳥
お家に帰って来た感じを意識したお店作りはまず、店主の高田さんの笑顔に会うことから始まります。ほっとひと息つきながら席に着くと肩の力が解かれ日常の ON/OFF が切り替わる。そんな雰囲気が感じられます。お酒に合う料理のチョイスは高田さんのお酒好きが昂じて生み出される一品が並び、心から落ち着く空間が演出されています。
高田さんは学生の頃から居酒屋での勤務を続けられ、そこで培われた経験が集大成としてここ、柳(YANAGI)に注ぎ込まれています。いつかご自身で居酒屋をやってみたいという思いがこの度、間借り店舗の開業につながったとの事でした。

ワンオペ酒場とシェアレストラン

人とのコミュニケーションを大事にされる高田さんの感性は間借り店舗の営業との相性が良いようです。店舗をシェアしているからこその人の助け合いがあり、ワンオペですが 1 人ではない安心感や心強さを感じているとの事です。昼間に間借り営業をしている「まぐろや 歳三郎」の店主平井さんとも仲良く、色々と助けて下さっております。店舗のオーナー様は新型コロナの流行以降、閉じていた店舗にあかりが灯っている事に深く感動をされているそうで、毎日のようにお店に顔を出していただいております。高田さんはそんなシェアレストランの素晴らしさを実感しているとの事です。
助け合いが生み出すコミュニケーション。早稲田大隈講堂の裏でそんな雰囲気の居酒屋をお探しの際は 柳(YANAGI)に是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

メニューについて

<刺身>
いなだ ¥480
真鯛 ¥480
柳たこ ¥480
<肴>
万願寺とうがらしと茄子の焼き浸し ¥380
自家製ぬか漬け ¥380
<逸品>
豚バラチャーシュー+メンマ ¥480
白菜の塩麹和え ¥380
わさび飯 ¥380
生ニラたま ¥380
<揚>
唐揚げ ¥580
フライドポテト ¥380(塩辛バター味)¥480
鶏皮ポン酢 ¥380
ハムカツ ¥280
さつま揚げ ¥380
<串>
ねぎま ¥200
つくね ¥200
皮 ¥200 他
<〆>
こうのとりうどん ¥480
焼きおにぎり ¥280
おみそ汁 ¥200

店舗情報

店舗名 柳(YANAGI)
住 所 東京都新宿区早稲田鶴巻町 538
オープン日 9 月 23 日
営業時間 17:30〜23:00(22:30 LO.)
店 主 高田菜穂(タカダナホ)
定休日 不定休
instagram: wasedayanagi2