2018年夏休み。間借りでギリシャカフェを開業していた!?小山さんに卒業インタビュー!

103
最終日、思い出すと何度も泣きそうになりました。 てか泣きましたね、普通に帰り道。 ビールも日本酒も全部はけたし、ギロスもかなりの数出てくれたし、 なにより、お客様同士がつながっている姿をみていると、 このノスティモをオープンしていなかったら繋がっていなかったんだとなり、 お客様にとっていい場所を提供できているかな、と感じました。 それに色々なところからの知人とたくさん来てくれて、 小学、高校、大学、クルー、バイト先の店長、昨日初めて来てくれた人、たまたま通りかかった人、、、 もうほんとに嬉しいあまりです


ノスティモ営業最終日ブログより
https://nostimo.hatenablog.com/entry/2018/09/26/204858

ギリシャカフェ「ノスティモ」とは?

当時の店頭の様子
渋谷ののんべい横丁でウェールズ大学の学生が夏休みの1ケ月間だけ開店していたカフェ。ノスティモはギリシャ語で美味しいという意味で、メニューはイギリス留学中、友人のギリシャ人から影響を受けたギリシャサンドイッチ「ギロス」、オーダーが入ってから手で挽く250円のドリップコーヒー、世界のお酒など。
「ギロス」ヨーグルトが独特の風味で美味しい

あれから2年、学校も卒業して日本で仕事をしているという小山さんにお話しを伺いました。

「お久しぶりです!お元気そうですね!早速ですが、卒業後、日本で就職した経緯を教えてください。」

大学でのクリスマスイベント
将来、起業や自営の飲食店を目指しているのですが、まずは日本で勉強かと思い、求人サイトでエンジニアや外食産業を探していました。ところが、責任者や店長になるまでの時間が長いケースが多くて悩んでいました。そんな中、株式会社ノムノの面接を受けたら、社長の蔵石さんがいきなり出てきて、「ウチならすぐに店長だよ」と言われて、即決めしました(笑)。

「さすがは間借りで鍛えられた即戦力ですね!今はどのようなお仕事をされているのですか?」

ワインバーnomuno
世界中から集めた100種類を超える本格ワインを、定額で好きなだけ飲める店の責任者をしております。ランチは宅配メインで肉のヒラヤマなどを展開しております。 間借り開業中はバイトと違い実際に自分で考え結果が見える貴重な体験をさせていただいたのですが、ここでも色々な事にチャレンジさせて頂けるので毎日が勉強で感謝しております。

「充実してそうですね~。就職して将来の夢に変化はありましたか?」

起業や飲食店開業を通じて、コミュニティを作りたいという柱は変わっていないのですが、どうせやるなら他の人がやっていない方法で起業したいと思います。例えば、イギリスでの開業です。日本人がいないのでそれだけで差別化になりますから(笑)。 競争レベルの高い日本で行うのであれば、「食+外国人」など自分なりの個性を出せるジャンルで勝負したいですね!

取材を終えて

間借り期間中もそうですが、この2年間の社会人生活でも仕事を任されているせいか成長スピードが早くて驚きました。一方で将来の夢や基本的な考え方そのものは2年前と全く変わっていないところが嬉しかったです。学生時代も今も特別な経験をしている小山さんがいかに飲食業界に変化をもたらすか今後も期待です!

■ワインバーnomunoについて

Processd with Focos
小山さんの話の続きを聞きたい方はワインバーnomunoで語り合いましょう! https://akasaka.nomuno.tokyo/ https://www.facebook.com/mutsu.oyama.1 東京都港区赤坂3-19-1 東京農村ビル3F Tel 03-5544-8329 Mail info@nomuno.tokyo 平日:17:00–23:00 (L.O. 22:30) 土祝:17:00–23:00 (L.O. 22:30) 定休日:日曜日 皆さまのご来店を心よりお待ちしております!