【名店修行中】カレーの店 三つ葉が今月末に閉店??

806
間借りカレーを営む方には名店で修行しつつ、同時に自ら間借りカレー店も開いているという方が少なくありません。今回ご紹介する本郷三丁目の「カレーの店 三つ葉」もそんなお店。店主の勝山さんは本駒込の名店「スパイスバル コザブロ」で働きながら、昼は三つ葉を営んでいます。
名店で修行されている方の間借りカレー店は他にもありますが、多くは師匠のカレーとベクトルが近く、そこに自分らしさが加わったものなのですが、三つ葉のカレーはコザブロとは真逆とも言えるベクトルの仕上がりで非常に面白く、大変美味しかったのでまた行こうと思っていたら何と10月29日で閉店するというニュースが入ってきました。閉店前に是非ともこちらのお店の素晴らしさを一人でも多くの方に知ってもらいたいと考え、今回は三つ葉のご紹介です。 まず定番のカレーが梅酒チキンカレー。それと週替わりのカレーがもう一種というラインナップ。
定番のカレーというと万人受けする美味しさのカレーであることが多いのですが三つ葉の定番は然に非ず。チキンと言っても親鶏を使用。硬い肉質なのですがコリコリとした食感が楽しく、噛めば噛むほどに旨味が出てくる通好みの肉なのです。
これに梅酒のフルーティーさが加わる唯一無二のカレー。定番からして攻めているという姿勢がカッコ良いじゃないですか。
そしてこの日の限定はくずし豆腐のしらすカレーだったのですが、これも字面だけ見ると優しい味わいのカレーを想像するのですが、やはり攻めています。ビシっと決まったスパイス感のカレーであり、しらすせんべいをパパドに見立てて添えるというアイディアも良し。美味しいだけではなく楽しさもあるカレーなのです。 間借りと言えども独立店舗の人気店に負けない美味しさ。これが閉店とはもったいないと感じるのですが、どのような事情があるのか、勝山さんに色々とお話をうかがってきました。 カレーおじさん\(^o^)/(以下、カ):今日も美味しかったです! これだけ美味しくて、お客さんも入っているのに閉店ということですが、どのような事情があるのですか?
三つ葉 勝山さん(以下、三):営業していく中で勉強不足を感じることが多くなってきて。営業してみて自分がどんなことをやりたいのが見えてきまして、それをやるにはどうしたら良いのかということや、昨今の物価上昇もあって価格設定だったり色々と考えないといけないことが沢山出てきて、考えながら中途半端にやるより一度休んで立て直そうと思ったんです。
カ:なるほど。やりたいことというのは具体的にどんなことなのでしょうか?
三:コザブロスタイルです。カレーはじめスパイス料理でお酒を飲めるようなお店ですね。コザブロがまさにそうなのですが、料理を介してお客さんが集まり、お客さん同士が仲良くなれるような場所で、自分はシェフであり、その場所のMCのような存在でありたいと思うようになりました。
カ:確かにコザブロって料理が美味しいのはもちろんですが店主さんのキャラクターも楽しく、トータルで素敵な空間になってますもんね。三つ葉のカレー食べて、良い意味でコザブロ感が全く無いと感じたのですが営業スタイルでしっかり影響を受けているということでしたか。
三:はい(笑) 色々勉強させてもらってます。コザブロ感が無いというのも私は元々ラーメン屋で働いていたんです。
カ:そうだったんですか!
三:大門の「鶏ポタラーメンTHANK」というお店なんですが、そもそもそこで働き始めたのも、「ここのスープでカレーを作ったら絶対面白い」と思ったからなんです。
カ:ん? ちょっと難しいので順を追って説明してもらえますか?
三:わかりにくかったですね(笑)。元々料理が好きで、飲食店をやるのが夢だったんです。どのようなお店にするか考えた時に、毎日食べて自分が飽きないのは何だろうと考えたらカレーだったんです。それでカレーのお店をやろうということで独学でカレーを作ったり、色々と食べ歩いている中でTHANKと出会いまして、面接の際にも「ゆくゆくはカレー屋をやりたいんですが、ここのスープでカレーを作ったら面白いと感じたので勉強させてください。」ということも伝えた上で雇ってもらえまして、実際THANKでも限定カレーやコロナ禍の時は冷凍カレーも私が担当していたんです。
カ:へー! そういう流れだったんですね。面白い。コザブロ入る前から自分のカレーがあったから、コザブロとは違うベクトルなのか。納得しました。
三:その後カレーをしっかりやりたいということでTHANKを辞めてコザブロで働きだしまして、ほぼ同時期に三つ葉もスタートしました。
カ:この場所はどういう縁で見つかったんですか?
三:SNSでシェアレストランのたけしげさんに突然フォローしてもらいまして、そこでこういうものがあるのかと知ったんです。
カ:そうだったんですね。たけしげさん、飲食関係で興味わいた方をフォローしているみたいですね。
三:ええ。そこからシェアレストランでこちらをつないでいただきました。
カ:この場所にしたのはどういう理由だったんですか?
三:まずどの街でやるのかということを考えて、色々な街を入念にリサーチしました。どのような人が住んでいて、どのような会社があるのか。ちゃんと利益が生まれるような人の流れがありそうか、そういう所も考えた上で、実際に見て良さそうなこちらにしたんです。これは今から間借り始めようかと考えている方にも、是非とも考えて欲しい部分です。
カ:確かに一番重要な部分かもしれませんね。他にこれから間借りやろうとしている方にアドバイスはありますか?
三:やはりお客さんと向き合う仕事なので、自分磨きをしっかりしないといけないと思います。色々な方がいますから、何があっても焦らず対応できるよう、自分の心を強くすると言いますか、人として成長しないといけないなと常に考えています。
カ:素晴らしいアドバイスですね。こちらは残念ながら今月で閉店とのことですが、今後の展望はどのようなものですか?
三:しばらくお休みいただいて、色々と考えがまとまったらまずは月1回程度のイベント的に営業をしたいと考えています。スパイス飲みをやりたいので土曜の夜とかになると思います。
カ:場所は考えていますか?
三:他の街も見てみたいのでこことは違うどこかでやってみて、その反応を見てその後どうするか考えていきますが、最終的には自分の店を持つという所に向かって頑張っていくつもりです。 閉店すると聞いて少し心配もあったのですが、勝山さんの顔を見たら実に前向きで、閉店が残念という気持ち以上に今後が楽しみだなという期待が上回りました。
気になった方はまずは今の店舗で攻めたカレーを楽しみ、SNSをフォローして今後の動向を注目してください。
現段階で既に、都内間借りカレー店でも十指に入る美味しさだと感じています。ゆくゆくはコザブロにも負けない名店の店主となるポテンシャルを秘めている方です。間借りのうちにその味を確かめておいて、その後の進化も楽しんでいくというのが間借りカレーを追いかける楽しさのひとつですから。

店舗情報

店舗名  カレーの店 三つ葉
 ※2022年10月29日閉店につき、お早めに!
住 所  東京都文京区本郷3-28-13ラベニュー本郷1F Lazos de Pirates内
営業時間 月〜金 11:30~14:00(L.O)・ 土12:00~14:00(L.O)
定休日  日曜日
https://www.instagram.com/mitsubar_curry/
https://twitter.com/mitsubar_curry

カレーおじさん\(^O^)/

2006年から毎日カレーを食べ続けているカレーおじさん\(^O^)/
TBS「マツコの知らない世界」ほか多数のメディア出演、カレー記事の連載、カレープロデュースまで行うカレーアディクト。
http://akinolee.tokyo/?page_id=1380
「間借りカレーdiggin’」は毎月15日に掲載いたします!お楽しみに!