【ニューヨークで38年の逆輸入寿司!】ニューヨーカーに愛されたベテラン料理人の寿司ロール専門店「一会」が水天宮前に凱旋オープン!!

64

ロール寿司専門店「一会」とは?

裏巻きの寿司ロールの具材はエビやアボガド、カニカマや揚げ物などが主流のニューヨークスタイル!寿司ではなくSUSHI!長年ニューヨーカーに愛された寿司ロール専門店、それが「一会」です。

一会について詳しく!

ニューヨークはマンハッタンで38年のキャリアを持つ寿司職人が日本に帰国して開業した間借り店舗。

その名も寿司ロール専門店「一会」。

もともと日本料理人として働いていた店主の高井田さんですが38年前に単身アメリカに渡り最初の1年半はカリフォルニアの日本食レストランで勤務。その後ニューヨークに移り住み、そちらでも日本食レストランにてキャリアを積みました。その後、マンハッタンの知り合いのお店を居抜きで引き受ける事となりご自身の店舗「一会」を開業する事となりました。一時は人気のあまり200席の大型店舗に拡張したり、複数店舗を経営していた店主。

そんな「一会」が日本に帰国後なぜ寿司ロール専門店を間借りで開業する事となったのか?店主の高井田さんに聞いてきました。

最近のニューヨークでは海苔巻きは割とポピュラーで片手で食べられる手軽感からファストフードとして親しまれているそうです。その中でもニューヨーカーに人気のメニューは裏巻きで断面も鮮やかな寿司ロールです。
店主は「寿司」ではなく世界で愛されている美味しい「SUSHI」を日本人にも広めたい。
そんな意識で日本伝統の海苔巻きではなくニューヨークで流行りの寿司ロールを逆輸入しております。ニューヨークで多い裏巻きスタイルを用いて、さらに縦巻きにすることで寿司が太くなるため手軽にお腹いっぱいになるよう工夫されています。寿司ロールにサラダをセットするのもニューヨーク「一会」流です。

他にもとんかつや海老天などニューヨークで流行りのテイストを加えて「一会」らしさを演出するという構想もあり、今後のメニュー開発からも目が離せません。

仲の良い奥様とはニューヨークで知り合って結婚されたとのことで長年の息の合った二人でお店を営業しています。

日本伝統の海苔巻きや昨今流行りの韓国海苔巻きのキンパもとても美味しいのですがニューヨークテイストの寿司ロールが海苔巻き業界の新たな流行になれば面白いと店主の高井田さんは考えています。

そんな寿司ロール専門店「一会」。
人形町や水天宮前にお越しの際はぜひお店にお越し下さい。

メニュー

店舗情報

店舗名   一会(いちえ)
住所 東京都中央区日本橋蛎殻町1−37−9 103 げん内
オープン日 4月21日
営業時間   11:00~14:30
店 主   高井田良
定休日   土曜日  日曜日