日本初!シェアレストランでのクラフトビール製造を「ファントムブルワリー」で実現!「ファントムブルワリー1tap」が恵比寿にオープン!!

160

ファントムブルワリーとは?

ファントムブルワリーとは自身の醸造設備を持たず、醸造契約をしてビール醸造を委託するブルワリーの事です。投資を伴わないシェアレストランとの相性は抜群です。

ファントムブルワリー1tapついて

この度、恵比寿に誕生した間借りクラフトビール専門店「ファントムブルワリー1tap」!ファントムブルワリーの仕組みを利用して、日本初のシェアレストランでのクラフトビール醸造パブを実現しました。

ファントムブルワリー1tapのクラフトビールIPAは全体は甘くまろやかな風味に包まれておりホップの苦味も程よいアクセントとなっていて、豊かで奥行きのある立体的なバランスを感じることができます。

ファントムブルワリー1tapのモットーは
「誰かの人生を変えるクラフトビールを!」

店主の佐藤さんは現在も大手コンサルティングファームでのお仕事に従事する傍ら、以前訪れたドイツで飲んだ白ビールや新宿で飲んだIPAに魅了されクラフトビールにハマったそうです。そんな経緯から自身でも製造に携わりたいという思いが強くなっていき、開業を決意されたとの事でした。

なぜ、コンサルティングファームで働く佐藤さんが間借りで開業されるに至ったのか。

「現職での仕事も頑張りたいが会社員をしながら何かできないか考えた結果、先にブルワリーを立ち上げるのではなく、飲みたいと言ってくれる仲間を増やしてから、後からブルワリーを立ち上げようという思いに至った。その第1歩が間借りとファントムブルワリーでの開業です。」

夢を実現するにあたり先に自身のブランドに一定のファン層を確立するという戦略を考えた結果、この方法に辿り着いたとの事でした。

佐藤さんは自分のやりたいことに素直に向き合い進もうとする勇気があり、そのスピード感は迅速です。

そんな佐藤さんに今後の展望についてお聞きしてみました。

「まずは今の環境でビール醸造やブルワリー運営を学び、自分のビールを飲みたいと言ってくれる仲間を増やして、将来はブリューパブを立ち上げて、誰かの人生を変えるような、後世に残るような、クラフトビールを作っていきたい」
こんな情熱を語って頂きました。

間借りでスタートしたファントムブルワリー1tap。各ビールのサイドストーリーを佐藤さんから聞きながら飲むビールは格別です!
今後のファントムブルワリー1tapの躍進にも興味津々です。

メニュー

店舗情報

店舗名   ファントムブルワリー1tap
住 所   東京都渋谷区恵比寿1−22−10カマスヤビルB1F壱や内
オープン日 12月19日
営業時間   16:00〜23:30
店 主   佐藤那哉
営業日   土日限定営業
Instagram :1tapphantombrew https://www.instagram.com/1tapphantombrew/