間借りカレーで育ち、間借りカレーを始めた「かりす」にdiggin’ on!

581
今回ご紹介するお店の店主、通称みんじゅみんじゅさん。僕がとあるカレーのお店に食べに行った時、ホールを担当していたのが彼女でした。その時僕は「こういう人が接客担当だと心地よくお店がまわるので繁盛するだろうな」と、そう感じました。適度にフレンドリーで気遣いのある接客。なかなかここまでの接客ができる人はいません。そんなみんじゅみんじゅさんが間借りカレーのお店を始めるということで食べに行ってみると、接客のみならず味も素晴らしく美味しい。接客にしても料理にしても、心がこもっているのです。だからこその美味しさなのだと感じました。
というわけで今回のお店は笹塚のバーKasedaで日曜日限定で間借りカレー店営業をしている「かりす」のご紹介。 店内は靴を脱いで上がります。カウンター席が少しとゆっくり座ってくつろげるテーブル席もあり、友達の家に遊びに来たような雰囲気のお店となっています。店名の「かりす」は「カリー」と「アイス」を合わせたもの。メニューはカレーのみならず自家製のアイスクリームもあるのです。
メニューは日替わりで毎回季節を感じさせる構成。この日のメニューは砂肝と国産レモンのカレー、秋鮭のカレー、きのこと豆のカレー。これにトッピングメニューもあります。アイスはバナナとスパイスのアイス、ゴボウと豆腐のアイス。
せっかくですから三種盛りに焼きねぎのアチャールをトッピング。食後にバナナとスパイスのアイスをいただきました。 砂肝とレモンのカレーはレモンの爽やかな酸味にコリアンダーシードの爽やかな香りが弾け、とにかく爽やかなカレー。秋鮭のカレーはトマトの旨味とブラウンカルダモンの芳醇な香りでゴージャスなカレー。きのこと豆のカレーはカロンジ香るじわじわと美味しいカレーで、それぞれベクトルが違う美味しさであり、スパイスバランスも食材に合わせた何かひとつがしっかりと立っていて、それに合わせてバランスを整える形になっており、印象深い味わいです。
副菜にもタイの食材を使ったりと個性があり、味のバランスを整える意味もしっかりと感じました。
素材使いの上手さはご自身の修業先である「and CURRY」譲り。丁寧な仕事が伝わる美味しさとなっています。 カレーおじさん\(^o^)/(以下、カ):いやー、今日もとても美味しかったです。
みんじゅみんじゅさん(以下、み):ありがとうございます!
カ:みんじゅみんじゅさんは色々なカレーのお店で働いていましたが、どのような経緯でカレーに携わるようになったのですか?
み:2020年まで普通にサラリーマン的なお仕事をしていたんですが、勤め先が経営破綻するなどして転職を考えた時、大好きなカレーの仕事ができたら良いなと思って色々なカレー屋さんでアルバイトを始めたんです。
カ:なるほど。そもそもカレーが好きになったのはいつ頃なんでしょうか?
み:4〜5年程前なんですが、上京してきた時に東京って安くて美味しいものがあまり無いなと感じていて、安くて美味しいものは何かと探していた際に、当時の勤務先の近くに美味しいカレー屋さんが沢山あったんですよ。エピタフカレーサンラサースパイスハット… そんなお店と出会って、元々カレーがそれほど好きなわけでもなく、スパイスカレーというものも知らなかったんですが、食べていくうちにどんどんハマっていって開眼しました。
カ:その頃ってちょうどゴールデン街近辺の間借りカレーが盛り上がっていた時期ですもんね。最初から間借りカレーのお店にハマって、今間借りカレーを営んでいるということなんですね。
み:そうなりますね。飲食のアルバイト自体は学生時代からずっとやっていて、飲食業界にも興味があったんで、自然とこちらに移ってきた気がします。
カ:ここのお店はどのように間借りすることになったんですか?
み:私は今、新代田の「and CURRY」の社員として働いているんですが、店主のゆきなさんに背中を押された形です。ゆきなさんとお話している中で「いずれ間借りカレーのお店もやりたいんです」と言ったら「今すぐやるべきだよ!」と、ゆきなさんのお友達のこちらのお店を紹介してくれて、始めることになったんです。
カ:ゆきなさんも元々は流しのカレーとして各地で間借りカレー営業をしていた人ですもんね。だからこそ、やりたいと思ったらどんどんやるべきだというのがご自身の経験としてあったんでしょうかね。
み:そうだと思います。私一人だとこんなに早くお店できていなかったです。ゆきなさんのパワーもお借りして、始めることができました。
カ:そんなこんなでこちらのお店がスタートしたのが2021年の5月でしたよね。半年近く営業してみて、気づいたことや感じたことがあれば教えてください。
み:そうですね。今まで私は色々なカレーのお店で働いてきたんですが、やはりそれぞれ店主さんあってこそのお店なので自分はちょっと控えめに、お客さんと深く話したりとかそういうことはしないようにしていたんです。でも「かりす」は私が店主なので、お客さんと深くお話できるようになったことが嬉しいです。仲が深まったからこそ、今までとは違うレスポンスをいただいたり、色々と発見できています。あとは地域の方との関係性の作り方とか、実践で学べているので、将来自分で独立してお店を持つ時の為の経験を積めているのも、間借りカレーを始めて良かったと思える部分ですね。
カ:逆に大変なことはありますか?
み:はい。人様のお店をお借りしているという立場なので、掃除など含め元の状態に戻してお返しする。そのあたりは特に気を付けています。あとは荷物の持ち運びが本当に大変で…
カ:そこは皆さんおっしゃいますね。でもそれの大変さを差引しても、間借りカレー店を始めて良かったことの方が多いということでしょうか?
み:はい! お店始めるかどうか悩んでいる方は、すぐにでも始めて欲しいです。私もゆきなさんに背中を押されて始めたのですが、今度は私が背中を押したい!(笑) ただ始めるからにはやっぱり衛生面は要注意なので勉強するべきだと思います。私も食品衛生管理者の資格は取りました。それからお借りするお店との報告、連絡、相談はしっかりとしないといけません。このあたりさえちゃんとできるなら、あとはもう始めるだけですから! 終始笑顔でポジティブなお話を聞かせてくれたみんじゅみんじゅさん。
間借りカレー店を始めたからこその充実感が表情に現れていました。
最後に食後のアイスについてもご紹介しましょう。
バナナとスパイスのアイスということですが、スパイスはシナモンがしっかりと香り、クローブやアニスがそれを支えるという構成。
バナナは別で煮込んでベースのアイスと合わせるという手の込んだもの。素材の持つ甘味がしっかりと堪能できる最高のアイスでした。
「何故アイスなんですか?」と聞くと「私、実はカレーよりアイスの方が好きなんですよ!(笑)」と。
かく言う僕もアイス大好き。カレーの後のアイス程幸せなものはなかなか無いと思っていますから、そんな僕にも嬉しいお店なのです。
月に2回の日曜営業からスタートしたお店ですが、11月は毎週営業とのこと。軌道に乗り出したということでしょう。ポイントカードもあり、通い甲斐のあるお店です。
カレーとアイスが好きな方、間借りカレーを始めたい方、是非行ってみてください。美味しさと人柄に癒される素敵なお店ですから。

店舗情報

店 名  かりす
住 所  東京都渋谷区笹塚3-19-5 2F tequila & coffee KASEDA内
営業時間 11:30~16:00(L.O 15:30) ※売り切れ次第終了
営業日  日曜営業
※営業日の詳細はInstagramでご確認ください。
https://www.instagram.com/curryice_karisu/

カレーおじさん\(^O^)/

2006年から毎日カレーを食べ続けているカレーおじさん\(^O^)/
TBS「マツコの知らない世界」ほか多数のメディア出演、カレー記事の連載、カレープロデュースまで行うカレーアディクト。
http://akinolee.tokyo/?page_id=1380
「間借りカレーdiggin’」は毎月15日に掲載いたします!お楽しみに!