間借り開業1周年祭り!まとめ

34
シェアレストランがスタートしたのが、2020年3月31日。
早いもので1年半以上が経過致しました。
それら伴い間借り開業されてから、1周年という方々が続々と誕生しております。開業してからずっと「コロナ禍」での営業になるわけですが、そんな飲食店開業にとって厳しい環境下でお客様に支持された方はどんな方なのでしょうか?
本日はそんな方々をまとめたいと思います。

池袋/チアーズバーガー

季節メニューやイベント、毎日のSNS更新など、店主は毎日お店のことばかりを考えているのがひしひしと伝わります。一つ一つのイベントや投稿の内容の充実度もさることながら、注目すべきはその頻度です。
是非、上記のTwitterを見て下さい。SNSでの発信をおろそかにしたり、すぐに効果がないからと諦める飲食店は多いです。いかに移り気なファンの気持ちを繋ぎとめて、多くのファンを獲得するか。そんな飲食店経営のヒントが隠されています。

巣鴨/ウッドチャック

店主の野元さんはハーブブレンダーであり、詩人でもあります。
大変な状況下で歯を食いしばりながら、営業を続けている様子が彼の詩からもうかがえます。間借り期間中にもっと有名になって、ハーブティーの世界を広げていって欲しい方です。

新宿/カリガリマキオカリー46号店

芸人山本しろう(エルシャラカーニ)さんの間借りカレー店です。緊急事態宣言の厳しい時期は新宿には人が寄り付きませんでした。そんな厳しい時期も「閉店の危機!」とネタにして動画にアップしてました。

神田/ノード21

「最後の勝負!」として、20年以上前にカレー屋を開いていた店主がシェアレストランで開業したカレー店です。最初はスープカレー中心にスタートしましたが、研究を重ねた「スパイス出汁カレー」が評判を呼び、メディアでも取り上げられるようになりました。

他にもこんな店たちが周年祭!

神田/五島列島バル ビーゴ

日本橋/酒とスパイスマツコ

錦糸町/幻海

渋谷/零のローストビーフ

不動前/麺やほころび

皆様、開業1周年おめでとうございます。また、翌月以降も多くのシェアレストランが周年祭を開催することになると思います。この時期に飲食店を開業して、続けた事は本当にすごい事。世の中が平穏を取り戻した時、きっと今以上に成功すると信じております。